Moon

  • CURRENT MOON
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

kirkphoto

2012年7月29日 (日)

Arca-swiss Z-1 + SQRC-Arca

購入先はB&Hです。
やはり、日本のはお値段が…

Photo2
TVC-34L + Z-1 + SQRC-Arca

Kirk BH-3 はドナドナしました。

ボール径が違うものなので比較するのも適当ではないかと思いますが
あえて比較してみました。

Z-1は100gほど重くなりますがそれだけの価値があると感じました。

最も違う点は操作感です。
無負荷状態での話ですがZ-1はロックフリー状態でも
適度な抵抗を持って扱う事ができます。
また、Z-1はロックダイヤルとフリクションコントロールが
一体型かつノブが大きいので負荷(カメラの重量)がかかっている時の
適度なフリクションを決めるのがとても簡単です。
例えるなら、Z-1は0~10まで10段階で調整でき
かつノブは大きく360度を10分割配分なので微調整がしやすいです。
BH-3は同じ10段階調整だとしても90度を10分割なので
フリクションコントロールノブは小さめなので微調整がシビアになります。
またBH-3だと、ロックとフリクションコントロールは別ノブなので操作が煩雑です。
さらに、そうやって調整した状態で動かすとZ-1のほうが動かしやすいと感じました。
ボール径が大きい影響なのでしょうか
フリクション具合が同じでも動かし易さに違いを感じました。

また、フレーミングのし易さも違います。
三脚座などで重心が調整されている時の話になりますが
Z-1のほうがロックさせた時にフレームがほとんど動きません。
さすがに完全にフリーの状態からロックさせるとそうはいきませんが
BH-3の時よりはある程度フリクションがかかった状態から
ロックさせた時のフレームの変化量が少なく扱いやすい印象です。
Z-1だとロックさせなくても動かないので安心なのですが
BH-3だと、カメラを簡単に動かせるフリクション状態だと
さらにロックさせないと動いてしまう心配があります。
Z-1だとその辺りのフリクションの微調整がしやすいのですが
BH-3はそこまで追い込んで微調整するのは一苦労です。
この辺りはボール径の違いが出ているといったところなのでしょうか。

と、Z-1は操作性は非常によいですが
相対的に大きいので、取り付ける三脚もそれなりに大きなものでないと
見た目のバランスが悪いですね。

SQRC-Arca
KirkのArca専用クランプです。
純正よりも約10g重たいですが、この程度なら誤差の範囲かと思われます。
ご存知の通りArca純正クランプは使い辛いのです。
2種類あるアルカ型クランプに両対応しているせいで
溝が2段になっており、目視確認しながらでないとカメラをセットできません。
また、固定ノブも小さくてちょっと回し辛いです。
そこで、Kirkのクランプです。
御存知の通りノブを回す回数が少なく済むので操作が楽です。
また、角部のRが大きくデザイン的にRRSよりもZ-1にしっくりきますw

自分のZ-1はクランプ固定ネジがM3工具で緩めることができたので
インチ工具に悩まされずに簡単に脱着できました。

Z-1といえば新型はWimberleyのSidekickを付けると首が取れるという
新型での不具合が2008年頃に取り沙汰されていましたが
今では対応済みとのことで、きっと大丈夫なのでしょう。
見た目は不具合が出た頃のものと区別がつかないので
何をどう改善したのか知りたいところですが…

2012年1月29日 (日)

自由雲台 Kirk BH-3

BH-3は中型自由雲台で耐荷重6.75kgです。

これにEF 70-200 f2.8L IS USM + 7D + B7D-L で約2.5kg

上記セットを載せて使っていますが、この雲台でも充分に扱えます。
直上直下も狙えるので星や月なども思いのままに狙うことができます。
バリアングル液晶が無いとアングル的には辛いものがありますがw

使用感

自由雲台だからしょうが無いかもしれませんが、テレ端では構図を微調するには慣れが必要です。
フリクションコントロールをかなり効かせておけば、ロックを開閉させてもブレませんが
構図調整の際の動きがかなり硬くなるので微調し辛い感は否めません。

軽くフリクションを効かせておけば、いい感じで一脚のような自由度と
カメラがいきなりお辞儀するのを防げるので
動体追従のサポートとして利用するのにはとても重宝します。
この状態でロックさせると決めたと思った構図よりは多少お辞儀してしまいますけどね。

ちなみにこれはカメラボディで固定した時の話。
三脚座で固定しているなら、もう少し軽いフリクションでもカメラがお辞儀することはありません。
こちらのほうが前後の重量バランスが取れているので動体追従する際は使いやすいと思います。
ただし、やはりフリクションが弱めだとロックした際にフレームが上に若干ですが動きます。

見た目ですがTVC-34LやGitzoの3型程度の雲台座に載せると
雲台が小さく脚が太いので見た目はアンバランスになります。
とはいえ、雲台座の面が雲台の操作を邪魔するようなことはありません。

というわけで、天体や動体の撮影ならお勧めです。
風景撮影にも使えますが、やはり風景専門なら3WAYのほうがいいんでしょうね。

2011年11月 9日 (水)

Really Right Stuff 機材レビュー 2の2

TQB-80
三脚鞄
Img_3423

三脚の現物を見ながら適当なのを買おうかとも思ったのですが
しっかりした作りで比較的安いので購入しました。
サイトの写真だとベルトが無いように見えますが、ちゃんと幅5cmのベルトが付いてます。
三脚の脚先が納まる側には取手も付いています。
Img_3424

内側にはクッションが付いていて三脚をしっかりガードしてくれます。
Img_3431

そして蓋の表面はかなり硬い素材でできていて
雲台周りの空間を確保してくれるようになっています。
Img_3426

ちょうど自由雲台を取り付けた状態でよい収まり具合です。
Img_3425
TVC-34L + Kirk BH-3

ちなみにこの鞄は中国製w


TVC-34L
三脚

これが今回のメインの買い物です。
Gitzoシステマティックのブラッシュアップ版といったところです。
なので石突やシステマティック用のオプションが流用できます。
どの辺りがブラッシュアップかと言うと

・太い脚にコンパクトな本体
Img_3416

 サイズはGitzo 5型の脚+3型の雲台マウントといったところです。
 脚は太く、かつマウント部が無駄に大きくないので格納時がコンパクト
 カメラ用に割りきってコンパクトにしてある辺りが嬉しいです。

・開脚角度変更用のストッパー
 G社のは手で出し入れしないといけませんが、これはバネで自動的に戻ります。
 この辺りの細やかな改良がいいですよね。

・脚のロックナット
Img_3418

 ナットのゴムが樽型になっておりとても握りやすいです。
 そんなにガッチリ締め込まなくても緩みそうにはありません。
 某価格サイトにも話がありましたが、ナットの動きが特徴的です。
 自分は他をあまり知らないので一概に比較はできませんが
 締める回転方向は至って普通です。
 緩める回転方向が特徴的です。
 緩めようとするとカクンとナットがフリーになるゾーンがあり、更に回すと抵抗と共にナットが緩みます。
 自分としては三脚調整時に不用意にナットを触ってしまい緩む事への安全策だと認識しています。
 フリーゾーンがあることで、「これ以上回すと緩みますよ」というサインにもなるし判りやすくてよいと思います。

・システマティック部分
Img_3420

 G社だとただの締め込みですが、これは金属リングを写真のイモネジで3箇所から押し込むことで
 上手く凸凹が噛みあう用になっており、少々緩んだ程度では外れないように設計されています。

・荷物用のフック
Img_3421

カメラバッグ等を引っ掛けて、その重量を利用して三脚を安定させることができます。
カラビナかロープを介して引っ掛けたほうが使いやすそうですけどね。

・カーボン脚
Img_3417

ここは改良点というわけではないですが、模様が美しいです。
しかし自然動物を撮る人からは光沢が目立ちすぎて隠密性に乏しいとの意見もあるようです。
またΦ37mmに対応したスポンジチューブが皆無なようで、自転車のバーテープで保護するしかないようです。

さて、寸法チェックをしてみました。
メジャーで適当に測っているだけなので多少は誤差があると思います。

格納高 一段目 二段目 三段目 四段目
61.2cm 56.5cm 92.7cm 131.8cm 174.2cm
- - 98.7cm 138.6cm -
※上段は太い脚から伸ばして測定。  下段は細い脚から伸ばして測定。

三段目まで伸ばした状態に雲台とカメラを取り付けてファインダーの高さが150cmになります。
自分の身長は174cmなのでファインダーがアイレベルよりも10cm程度低いですが
少しかがむだけでファインダーが覗けるので特に問題は感じません。

スペックでは格納高62.6cm、全高177.8cm
あれ全高が3cm足りないな…

高さとしては充分なのでいいのですが、一応メールで質問しときますかね~

2011年9月30日 (金)

レリーズケーブル RS-80N3 と B7D-L

花火用にレリーズケーブルを購入してみました。

機能はシャッターとボタンロック機能のみのシンプルな構造です。

程よい大きさで持ちやすくよくまとめられていると思います。

唯一残念なのは、その価格。

これで4500円近くするのはちょっとなぁ…

2~3000円が妥当な価格帯といった印象です。

さて、問題なのは掲題のRRS B7D-L との相性。

予想通り定位置だと写真のように

Img_1006

クランプされる台形部分にコネクタがかぶってしまい縦撮り固定に使えません。
まあ、レリーズケーブルを避けた位置でも固定できますが
ちょっと重心が三脚中心から外れるのが考えどころです。

しかしちゃんとその分スライドできるようにできているので

Img_1007

B7D-Lをスライドして固定してしまえば問題ありません。

ちゃんとスライドさせた時用のセンターラインも刻印されているので安心です。

その点Kirk BL-7D なら最初からレリーズケーブルまで考えて肉厚に作ってあるんですけどね。

ただし、その分B7D-Lよりも12g重いのとストラップ穴が一つ少ないのが欠点ですかね。

装着時の横幅もBL-7D のほうが出っ張りますが、それはレリーズケーブルを避けるために
B7D-Lをスライドさせれば同じですからね。

2011年9月19日 (月)

電子水平器と丸型水平器のズレ

血液型がA型でゴメンナサイ。

気になることはとことん気になります。

EOS 7D には前後左右の傾きを表示できる電子水平器機能が搭載されています。

液晶画面でもファインダーでも表示できるのでとても重宝しています。

しかし、クイックシュー付属の水平器の水平とズレます…

Img_0986

左右はそうでもないですが、前後方向で約2°
1°以内なら許容ですがこれはちょっと見逃せないズレ量です。
2°だと10m先で35cmのズレですね。

冷静に考えれば、左右がほぼ水平で前後がズレている程度なら撮影するには充分じゃ?
という気もしますが、水平器を使っておきながら1°以上もズレるなんて
水平出しした三脚の意味がないのでありえなーいというのが本当のところ。

これは調べなくては!

手元にある水平器は
・iPhone アプリ電子式 0.1°単位で数値表示可能
・Krik BH-3 丸型水平管 Φ8mm
・RRS PLC-1 丸型水平管 Φ10mm
・RRS MPR-CL-II 丸型水平管 Φ15mm
・EOS 7D 内蔵電子式
校正品が無い時点でアレですが、iPhoneアプリの数値を利用して傾向を把握してみます。

手法
床に個々のアイテムを平置きし、それらの上面の水平度をiPhoneアプリを使って数値化します。
床の水平はXY方向共に-0.1°なので欠陥住宅ではないようです。
また、手持ちの水平器が校正の取れたものではないので、別の方法でも確認します。
レンズ中心と同じ高さの、遠方にある被写体を観察して前後方向のズレを確認します。

結果
7D内蔵の電子水平器が前後方向でズレているようです。
RRS B7D-L(Lプレート)をはじめ上述の機器そのものの水平精度は
床の数値から差し引き0.2°以内なので問題ありません。
カメラ以外を組み上げた状態でも水平精度は0.2°以内なので問題はありません。
7D底面とB7D-Lとの接触面もガタつきなくピッタリと付いているので問題ないと判断しました。
左右方向はピッタリ水平が出ているので手持ち撮影でそこまで困ることはないですが
今度サービスセンターに調整依頼しますかね~

詳細
・7D以外の個々の機器
 平坦度が0.2°以内 問題なし
Img_0993
 丸型水平管も気泡が丸標線径内に収まっているのできちんと機能していると考えます。
・7D内蔵電子式水平器
 7Dそのままだとゴム足が邪魔してぐらつくので B7D-Lを取り付けて確認。
 表示で前後方向に2目盛俯角側にズレている。

このままだと、7Dの底面と内蔵水平器が水平ではない可能性が消し去れないので
前述の被写体観察を行います。
条件
丸型水平管で水平の状態 = 7Dでは前後方向にズレている表示。
被写体は壁に貼り付けた定規。
観察結果
縦横共にファインダー中心点から2m先で5mm程度のズレしかありません。
最初に測った2°のズレが本当なら2m先で70mmはズレる計算になります。

次に7Dで水平出しをした状態で被写体を観察します。
観察結果
ファインダー中心から2m先で約60mmズレます。
いくら定規の設置高さに誤差があったとしても60mmはズレるわけがありません。

これらから、丸型水平管とiPhoneアプリは正しく7D内蔵水平器がズレている
と判断しました。

まあファインダーの中心が正しいのか?とかアプリの数値が正しいのか?とか
疑わしい点は多いですが、出処の違う丸型水平管が3つ同じ傾向を示しているので
そちらのほうが正しいと判断してもいいだろうと考えます。


2011年8月27日 (土)

Kirk

R0012943

自由雲台BH-3

アルカ型クイックシューのメーカーではそこそこ有名ではないでしょうか。

R0012945
左:Kirk BH-3 右:Velbon QHD-51

R0012944_2

汎用のカメラプレートが一緒に入ってました。

コンデジに使うにはちと大きいですが、長玉の脚や予備機に付けられそうです。

両方持ってませんけどね…


BH-3の使用感

マットなアルマイト?見た目は高級感がありとてもよい作りです。
ボール固定ネジの付け根に付いているテフロンリングはプラプラしていてちょっと残念です。
説明書が文字だけのA4一枚ってのもアレですが、使い方は難しくないので問題ないかな。

ボール固定ネジ
そこまで力を入れなくてもしっかりロックしてくれます。
1/4回転もさせればフリーとロックの切り替えが簡単にできます。
ロックしてもクイックシューについている水準器の水平はぶれません。
V社のQHD-51と比べるのも失礼ですが、それよりも力を入れずに使え
締め込む時に力が入りすぎて三脚がぐらつくことはありません。

フリクションコントロールネジ
ボールのロックを解除してもカメラがお辞儀をしないように適度に抵抗を与えられます。
ただし、3周半程度回し代はあるのですが
フリクションをコントロールできる範囲は最後の1/4周の範囲しかありません。
ちゃんと機能しているのでいいのですが、なんだかなーという感は否めません。
カメラを載せた状態でお辞儀しない強さとなると
更に狭い調整範囲に限定されて微調整を要求されます。
一度調整するとそんなに回す場所でもないのでいいんですけどね。

パンニングネジ
パンニング部のロックに使うのですが
無くてもいいくらいパンニング部分が固めです。
もう少し使っていれば馴染んでくるのかもしれません。

R0012947

写真にもあるように手持ちのミニ三脚に取り付けてみました。

少々頭でっかちですが、大丈夫だ問題ない。

フチコマみたいで可愛く見えますw

しかし、ここで問題が発生。

アッパーコラムネジ凸1/4、雲台ネジ穴凹3/8

これは把握していたので変換を用意していたのですが

ほんの一山程度なのですが1/4ネジが長がいんです…

1mm程度を残してネジ穴の奥にネジがぶつかってしまい締め込みが出来ません…

三脚メーカーに問い合わせてみましたが

「アッパーコラムネジの長さは共通の規格が決まっていないので、
 他社製品では合わないものも…」

ということです。

雲台のカメラ固定ネジは世界規格が決まってるんですけどね。


この問題を解決する為に

3mm厚のPET板の余りがあったのでそれをスペーサー変わりにしてみました。

PET板
適度な硬さを持ちながらカッターナイフでも簡単に切れるので
ちょっとした加工アイテムを作るのにはアクリル板よりも便利です。

2011年8月22日 (月)

B&Hでの海外通販

先日受け取りました。

R0012942

・Kirk BH-3

運送会社はUPS

8月15日夜発注(日本時間)

8月19日日中に不在連絡票、20日受け取り。
持ってきたのはヤマト運輸。

税金は500円でした。

早いですね~

一番安い配送で依頼しましたが運送上も特に問題なく無事に受け取りました。

登録住所の一部を「TOKKYO」とミスタイプしてしまいましたが、何の問題もなく( ー`дー´)キリッ

UPSはスマートフォンやPCからWeb上で貨物状況を追跡できて便利です。

Ups

アメリカでは詳細に意外と早く情報が更新されますが日本に来ると途端に更新が遅くなるのが残念なところです。

特に成田の関税通過後は日本の運送会社に委託されてしまい家に届くまで情報が更新されません。

不在持ち帰りの情報も翌日の更新で、既に貨物は手元にあるというオチ。


もう一点これはヤマトのシステムの問題なのでしょうが

不在連絡票の番号でWebから再配達依頼をしようとしても

「宅配済み」と出てしまい登録できません。

クロネコメンバーズでも荷物のお届けメールも来ません。

Kuroneko

ステータスもいつもの「持ち帰り」等のステータスは無く「通関完了」のみ。

まあ電話で直接担当ドライバーさんに連絡して持ってきてもらいましたが…

海外からの買い物なので運送事故等の余計な心配をしてしまいヤキモキしますがそこは気長に待つしかないですね。

通関や中継基地で何日も動きがないようなら問い合わせたほうがいいのでしょうが。(英語)

格安配送料で大物の貨物だと載せるコンテナの都合で後回しや遠回りといった時間的ロスもあるようです。

2011年8月20日 (土)

B&HとReally Right Stuff で海外通販してみました。

数ヶ月前に人生初のデジイチ(EOS 7D)を手に入れてから財布が緩みっぱなしです。

これまではコンデジで旅先で風景を撮るだけだったので
ttp://www.velbon.com/jp/catalog/ultra/ultramaximini.html

この小型三脚で事足りていたのですが

さすがに7D + ズームレンズ + カメラグリップ だと

ぐらつくし、縦撮りも不可能です。

カメラグリップを外せばもう少し安定するのですが

いちいち外すのは面倒ェ

なのでかっちり固定できて、かつ脱着も楽な製品を探してみました。

そして見つけたのが

Kirk、RRS、ARCA SWISS に代表されるアルカ型クイックシュー

これなら脱着もすぐに出来てカメラグリップを付けっぱなしでもぐらつかない!

さてRRS以外は日本でも買えますが…高い。


そして今は空前の独歩円高。

たとえば ARCA SWISS Z-1

日本なら67200円

これがアメリカだと$367(80円換算でも29360円)

送料や税金を考慮しても半額近い価格!

これは海外で買うしかない!

ということで火曜日にあれこれ発注してみました。

届くのが楽しみです。