Moon

  • CURRENT MOON
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

海外通販

2012年9月 1日 (土)

F-stop 海外通販

国内での取り扱いがないので本家から通販することにしました。

サイトの作りがちょっと分かりにくくて残念な感じですが対応はしっかりしています。

23日発注
24日発送
28日到着

201208ems

201208usps

EMSだと郵便局かUSPSでトラッキングナンバーを追えます。
さらにUSPSだとアメリカ国内の細かな移動も把握できて面白いです。

ここの素晴らしい点はEMSを送料5$で世界中に届けてくれることです。
もちろん、UPSやUSPSの通常価格も選択できますが5$は魅力的ですからね…
なぜだか税金はかかりませんでしたが後日振込用紙が届くかもしれませんw

とはいえちょっと問題もありました。
・在庫切れは長納期
 別口で2月にレインカバーを注文したのですが22日にようやく発送されましたw
 そしてまだ届きません…
 5$のいい面悪い面を両方体験できているのでしょうか。
 同時発注で一分在庫切れがある場合は、在庫切れ品のみ後から発送されます。
 こんな感じなので気長に待てる人でないと向いていない気がします…

・サイトの在庫切れ表示は当てにならない
 在庫切れ表示であっても、実は在庫があったりしますw
 気になる商品がある場合はメールで問い合わせた方がよさそうです。

・発注後の送料が…
 5$送料を選んだのに高い送料の設定になっていました。
 総額確認はちゃんとしたので設定ミスってこともないと思っていますが…
 すぐに変更をお願いするメールを送ったらちゃんと変更してもらえました。
 念のため確認メールの金額をチェックすることをお勧めします。

・gatekeeperは2個で1セット
 カバンを説明しているページでの用途を読めばセットなのも理解できますが
 商品のページにはなにも書いてないので1個だと思って4個注文してしまいましたww
 また、商品のページには4種類ある写真が掲載されていますが
 現在購入できるのはラージとスモールのみです。
 んで、スモールを頼んだのですが、商品にはMのマークがww
 まあ、そんなに大きくもないのでいいんですけどね。

全般的にアクセサリー類を更新している最中なのか
サイトの更新が適当なのか、一部商品の在庫が中々回復しない印象があります。


2011年12月26日 (月)

EF 70-200 f2.8L IS USM

先日お店で実物を触ってみて、意外と重たくない、そしてなんといっても明るい&AFが早い。

今まで重いという先入観が先に立って躊躇していましたが
なんとかなりそう、ということで入手してみました。


室内での使用感(スポットAF、領域拡大AF)

やはり明るくなったからといってもコントラストが低いものにはAFの限界を感じます。
しかしF4Lでは諦めていた被写体にも合焦するのは、さすがF2.8&センサーです。

AFが厳しいと感じたのは、ちょっと顔に影が入っている黒い犬とか
ハンガーにかけてある黒いスーツとか。
もう少し部屋が明るいか補助光焚ければいいのかもしれません。

ちなみにフードを逆に付けたままで構えてると
レンズ側で持てる場所が少なく、ポーズの自由度が下がり左手にかなりの負荷がかかります。
簡単に手首が痛くなるので、フードはちゃんと付けるか外しましょうw

AF速度はF4Lも充分早いのですがF2.8Lは更に早いです。
F4LでAF動作音が ジーッ だったのが F2.8Lで ジッ という感じになりました。

外で走りまわる犬たちを撮るのがちょっと楽しみです。

Img_4338


2011年12月20日 (火)

B&H での海外通販 3

ついに EF 70-200 f2.8L IS USM に手を出してしまいました。

クリスマスセールとはいえ安くなりすぎです。

これなら日本国内での保証が効かないのも許容できると判断してポチッと…

F4Lの購入を考えた時に頭の片隅に残っていたF2.8Lがついに…


運送業者は今回もUPS。

前の日記で受け取りにくい云々書いてますが
UPSって送料が他社より安い割に到着が速いんですよね。
UPSが64$だと他社はOver 100$しています。

発注 12月14日夜 現地は14日朝
発送 現地14日夕方
通関 日本16日昼

Bhups3

ところで、昼休みにチェックしていてあることに気が付きました。

金曜昼に通関して午後一に最寄り支店を通過の流れ
前回とアンカレッジ以降のステータスの時間帯がほぼ同じなので
このままだとUPSが当日に配達して不在票を置いていくパターン

かつ土日(UPS休み)を挟んでしまうので受取が遅くなると判断して
UPSに電話で配送時間の変更を依頼しました。

幸いにして金曜のうちにクロネコヤマトへの委託が完了し土曜に受け取ることが出来ました。
電話で変更するのは手間ですが、やはりUPSは早いですね~


さて荷物の状況ですが、今回は少々微妙です。
Img_1048

ダンボールに商品の箱が直接入れられていますよ…
微妙に隙間が空いているのに緩衝材も無し。
Img_1049

そして角(写真左下)が一箇所軽く潰れていました。

まあ商品の動作等に問題が無かったので良しとしましたが
光学機器をこういった梱包で送ってこられるとちょっとな~

ただし、同時期に同じものを買った人の話だと緩衝材有りだったとのことなので
ダンボールのサイズと詰め込んだ作業員の運が悪かったって事ですかね。


2011年12月17日 (土)

USPS 個人利用 & B&Hでの海外通販 2

アメリカに住む友人からの贈り物がUSPSで届きました。

Usps

約5日で到着。
ブラックフライデーの時期でどうなるかと思いましたが、意外とすんなり到着しました。
ちゃんと発送時に予告された予定日に届いているのには驚きました。

それよりも別件でB&Hを利用してアメリカの友だちに贈り物をしたのですが
国内の宅配に時間がかかりすぎて笑ってしまいました。
NYからILと比較的近距離なのにUPSで4日かかっています。
あまり日本まで物が届くとの変わらないw

Upsnyil

友人曰く「日本のサービスが良すぎるだけ」だそうです。
あちらでは荷物を玄関に置き去りにして配達完了というのも当たり前のようですし…

2011年11月19日 (土)

海外通販・個人輸入は大変??

何故海外通販を利用するのかって?

価格の安さと日本未発売品に魅力を感じるからです。

アメリカのブラックフライデーも間近ですしね~

半額近い商品もありますから、送料+関税を考えても安いものも多いですからね。

それにトラブルが無ければ国内で通販するのと何ら変わりはありません。

全てを英語でやり取りするのをどう思うかだけだと思います。

日本との価格差とトラブル対応を天秤にかけてみて

価格差に魅力を感じないのなら日本で購入するほうがよいと思います。

現に並行輸入品(個人輸入など)は修理も受け付けない
と明言している代理店も沢山あります。

安心を金で買う

と考えればよいのではないでしょうか。

それでも海外で~という場合
海外通販で覚悟しておくことなど

・保証期間中の故障対応への問題
 最近はその国でしか保証しないものも多いので不良品の交換も購入店と英語でやり取り。
 海外へ商品を返送する手間や時間はなかなか…
 面倒なら国内で有償対応してもらうというのも有りかと思います。

・信頼できる店で購入する
 他の人がよく利用している店に限定すればトラブル遭遇率は大幅に下がります。
 その辺りの情報はググったり、巨大掲示板を参考にしたりetc

・カードの写真を求められる事がある。
 高額商品の購入の際に海外からの発注だと疑いたくなるのはどこでも同じです。
 カードのオモテ面の写真やパスポートなど世界で共通する身分証明になるものの
 提示を求められることがあります。
 オーダー完了後にこの手のメールが届く場合がありますので
 見落とさないように注意する必要があります。
 見落としたままにしていると自動でキャンセルされてしまいます。

・英語の壁
 基本的に住所や個人情報を入れるだけで、英語の文章を書くことは無いと思います。
 トラブルや何か質問を受けた時に英語の作文が必要になります。
 でも大丈夫、翻訳サイトの英語でなんとかなります。
 逆翻訳してあまりにも奇ッ怪な日本語になっていたら簡単な言葉遣いに改めましょう。

・運送会社でのトラブル
 場合によっては色んな空港をたらい回しにされて時間がかかる場合があるようです。
 webで追跡できるようになっているので何処にあるかという安心感はあります。
 今のところこの手のトラブルに遭ったことはありません。

初めての海外通販はRIMOWAの鞄。
それ以降、スマートフォンやカメラ関係で10回程度は利用しています。
これまでに遭遇したトラブルといえば
ダンボールが一部濡れていた > 中身は平気だったので問題なし
一部商品が入っていなかった > メールで申告したら送ってきたので問題なし

それよりも海外旅行でロストバゲージする確率のほうが高い気が…w
既に2回経験していますから…

2011年11月11日 (金)

Really Right Stuff 機材レビュー おまけ

Really Right Stuff 機材レビュー 2の2
で、書いたPVがSVに満たない件

あっさり解決しました。

結果
自分の測定した高さ辺りが仕様値(173.4cm)でした。
webの値も変更されるようです。

というオチ。

Web上のスペックは初期設計段階での数値だそうで
こちらが指摘するまで気が付かなかったようですw

メールの対応も迅速丁寧で、真摯な対応をして頂きました。

今後も利用させてもらいますよ~

ここからは想像ですが
製品は問題なく個片図通りに作られていて、図面そのものに問題があったんでしょうね。
ありがちなのが
・組み合わせ用部品の寸法ミス
・組図のミス

まあ完成後の高さを測ってれば気がつくところなんですけどね~w

2011年11月 9日 (水)

Really Right Stuff 機材レビュー 2の2

TQB-80
三脚鞄
Img_3423

三脚の現物を見ながら適当なのを買おうかとも思ったのですが
しっかりした作りで比較的安いので購入しました。
サイトの写真だとベルトが無いように見えますが、ちゃんと幅5cmのベルトが付いてます。
三脚の脚先が納まる側には取手も付いています。
Img_3424

内側にはクッションが付いていて三脚をしっかりガードしてくれます。
Img_3431

そして蓋の表面はかなり硬い素材でできていて
雲台周りの空間を確保してくれるようになっています。
Img_3426

ちょうど自由雲台を取り付けた状態でよい収まり具合です。
Img_3425
TVC-34L + Kirk BH-3

ちなみにこの鞄は中国製w


TVC-34L
三脚

これが今回のメインの買い物です。
Gitzoシステマティックのブラッシュアップ版といったところです。
なので石突やシステマティック用のオプションが流用できます。
どの辺りがブラッシュアップかと言うと

・太い脚にコンパクトな本体
Img_3416

 サイズはGitzo 5型の脚+3型の雲台マウントといったところです。
 脚は太く、かつマウント部が無駄に大きくないので格納時がコンパクト
 カメラ用に割りきってコンパクトにしてある辺りが嬉しいです。

・開脚角度変更用のストッパー
 G社のは手で出し入れしないといけませんが、これはバネで自動的に戻ります。
 この辺りの細やかな改良がいいですよね。

・脚のロックナット
Img_3418

 ナットのゴムが樽型になっておりとても握りやすいです。
 そんなにガッチリ締め込まなくても緩みそうにはありません。
 某価格サイトにも話がありましたが、ナットの動きが特徴的です。
 自分は他をあまり知らないので一概に比較はできませんが
 締める回転方向は至って普通です。
 緩める回転方向が特徴的です。
 緩めようとするとカクンとナットがフリーになるゾーンがあり、更に回すと抵抗と共にナットが緩みます。
 自分としては三脚調整時に不用意にナットを触ってしまい緩む事への安全策だと認識しています。
 フリーゾーンがあることで、「これ以上回すと緩みますよ」というサインにもなるし判りやすくてよいと思います。

・システマティック部分
Img_3420

 G社だとただの締め込みですが、これは金属リングを写真のイモネジで3箇所から押し込むことで
 上手く凸凹が噛みあう用になっており、少々緩んだ程度では外れないように設計されています。

・荷物用のフック
Img_3421

カメラバッグ等を引っ掛けて、その重量を利用して三脚を安定させることができます。
カラビナかロープを介して引っ掛けたほうが使いやすそうですけどね。

・カーボン脚
Img_3417

ここは改良点というわけではないですが、模様が美しいです。
しかし自然動物を撮る人からは光沢が目立ちすぎて隠密性に乏しいとの意見もあるようです。
またΦ37mmに対応したスポンジチューブが皆無なようで、自転車のバーテープで保護するしかないようです。

さて、寸法チェックをしてみました。
メジャーで適当に測っているだけなので多少は誤差があると思います。

格納高 一段目 二段目 三段目 四段目
61.2cm 56.5cm 92.7cm 131.8cm 174.2cm
- - 98.7cm 138.6cm -
※上段は太い脚から伸ばして測定。  下段は細い脚から伸ばして測定。

三段目まで伸ばした状態に雲台とカメラを取り付けてファインダーの高さが150cmになります。
自分の身長は174cmなのでファインダーがアイレベルよりも10cm程度低いですが
少しかがむだけでファインダーが覗けるので特に問題は感じません。

スペックでは格納高62.6cm、全高177.8cm
あれ全高が3cm足りないな…

高さとしては充分なのでいいのですが、一応メールで質問しときますかね~

2011年11月 6日 (日)

Really Right Stuff 機材レビュー 2の1

さすがに今回もダンボールに梱包されてきました。
収納状況
三脚はエアパッキン+ビニールに包まれ、三脚鞄に収納。
Img_3169

三脚鞄はビニールに包まれ、クッション材と共にダンボールに収納。
Img_3165

その他小物はウレタンシートに包まれてダンボールの隙間に収納されていました。

さて今回の買い物で一つミスを犯してしまいました。
それは、三脚石突のオプションの個数指定。
三脚用だから勝手に3個1セットだろうと「1」で発注していたのですが
各々1個しか入っていませんでしたww

サイトをよく読むと
ちゃんと1個単位の販売で3個まとめ買いすると割引しますよ。
と書いてありますorz
将来欲しくなった時にこれだけ買うと送料が勿体無いと思って発注したのに…
また別のものを買うことがあれば追加発注しますかね~

今回買った品物の所感

TA-3-FRC
三脚の石突オプション 岩肌向けの金属製の爪
不安定な足場でゴム石突だと滑る場合に役立ちます。
どうやらGitzoと互換性があるようです。
岩場…山か海ですかね…

TA-3-FS
同じく石突オプション 砂や土向けのスパイク
使用例だと脚先が水中の場合に水流に抵抗する為に使っていました。
柔らかい地面…砂浜か湿地??

Img_3427

2品共に怪我に注意の警告があったので、どれほど鋭利なのかと思っていましたが
ちゃんと面取りされていて触れば切れるというエッジはありません。
ただ、三脚やカメラの重量が加わるとそれなりに痛いし鞄も傷めますので
足先をガードするポーチを別途用意したほうがよさそうです。

WPF-QR
フラッシュブラケット
Img_3429

フラッシュをカメラのアクセサリーシューよりも高い位置に取り付けられるようになります。
また縦撮りの際にもフラッシュをワンタッチでカメラの上に変更できる便利アイテムです。
こんなもの何に使うのかって?
フラッシュ(光源)が上にある方が自然な感じの影になり違和感のない写真になるからです。
操作はとても簡単で関節のスイッチをプッシュするだけで可動部を開閉できます。
可動部分に若干のガタがありますが、そんなに気になる程ではないですね。

2011年11月 3日 (木)

Really Right Stuff での海外通販 2.5

TVC-34L + 他

9月9日に発注した品がようやく届きました。
三脚が大量のバックオーダーをかかえていたようで発送まで時間を要したようです。

運送会社はUPS

発送 10月 25日
到着 10月 27日 不在で受け取れず
受取 10月 28日

Upsrrs

まさか成田に着いたその日のうちに通関&配達されるとは思いませんでした。
たまたま税関が空いていたんでしょうね。
なんにせよ実質1.5日程度で1度目の配達が完了しているのですから、速いですね~
荷物が大きいので、たらい回しにされるかと心配していましたが、取り越し苦労でしたね。

今回はUPSが直接配達してくれたので、国内での荷物情報の更新も早かったです。

ただし、UPSは平日、しかも16:00までしか配達してくれません。
そして再配達時間もAM(9:00~12:00)/PM(13:00~16:00)しか選べません。
完全に企業向けの配達サービスですよね。
そして16:30頃にしれっとやってきました。

さて、UPSで有名なのは、3回配達を試みて引渡しできなかった場合は
配達元(この場合はRRS)に送り返すという恐ろしい罠の話。
不在連絡票の裏面にもその旨が記載されています。
「返送されたくなかったらUPSに連絡してね。勝手口などに置いていってもいいよ。」とも書いてあります。
Ups

Ups_2

なので、実際にどう対応しているのか聞いてみました。
回答「3回目以降も配達先の電話番号が分かっている場合は、連絡をとって配達する努力をします。」
  「それでも配達できない場合は、配達元の意思を確認したうえで返送するか決定します。」
さすがに、3回で即NGというわけではないようです。

また、前回は最初からヤマトで届いたんだけど?と質問してみました。
回答「負荷状況や土日を挟んでしまいそうな時にお願いしています。」

「忙しい時には個人向けの荷物をヤマトに委託してます。」と脳内変換。
意外と柔軟に対応しているようです。

平日だけでは受け取れない人が多いと思いますが
ヤマト運輸の代行を指定することで土日祝平日夜も配達してくれます。
ただしUPSからヤマトへの引継ぎの関係で1日ロスしてしまいます。

またUPSの再配達受付は電話だと平日18:30迄とちょっと不親切です。
ちなみに会員でログインしてwebで変更しようとしましたが、何故か拒否されました。
結局メールで再配達依頼をしました。
メールだと上記の受付時間以降でも、その日のうちに返信がありましたが
諸々考えると個人の場合はUSPSの方が受け取りやすくていいかもしれません。

しかしこの速さを経験すると選びたくもなりますね。

どのみち早く配達されるかは運次第なのでしょうけれどもw

2011年9月27日 (火)

Really Right Stuff での海外通販 2

三脚+備品をポチッと発注してしまいました。
・TVC-34L 三脚
・WPF-QR フラッシュブラケット
・TQB-80 三脚鞄
あとは脚のオプション
WPF-QR は友達の結婚式で~などと一時の感情に任せてポチッと…
スピードライトを先に買えって話ですがw

し か し 、肝心の三脚は Temporary sold out

1ヶ月ほど様子を見ていたのですがステータスが変わる気配がないので
発注できるうちにしてしまえ! という流れになりました。

雲台セットだとsold out 表示は無いんで優先的に買えるかな~とも考えましたが
三脚以外のセット品も同じく何の表示も無いので関係なさそうです。

どのみちセットは… Kirk BH-3 もあるし、さすがにちょっと。

あとはデザイン的にアルカスイス等の黒尽くめのほうが好きなんですよ。

オクに流すのも面倒&忍びないし…


これまでの流れ

9/9 夜発注 現地は既に金曜夜
オーダー確認の自動メール以降アクションなし。
もともと確認の自動メールにも、商品が揃うまで発送しないよ。
webの在庫状況表示も完璧ではないので、気になるなら確認の連絡してね!
と書いてあります。
どのみち現地の金曜日は祝日なので、タイミングが悪いって話ですが…

ステータスでは9/10に受注されていて支払いはまだ。
どうやら商品が揃ってから決済されるようです。
通常の対応ですが、為替がからむのでさっさと支払いだけ済ませてほしい気もします。

9/23:現地 9/23 早朝
2週間動きが無いのでさすがにメールしてみることにしました。
発送までどれくらいかかるのか、バックオーダーどれくらいあるの?と質問メール

9/23深夜:現地 9/23 朝
マークさんから返信
大変申し訳ないが、発送はたぶん来月中くらいです。厳しいバックオーダーを抱えています。
の旨の丁寧な返信

土浦花火には間に合わないのでミニ三脚で頑張るかな。
座って見るので高さは低くてもいいのだけれど、ファインダー見るのが面倒なんですよね。

そういえば
前回がどうだか覚えていないのですがChromeだと決済ボタンを押しても
決済されずに前画面に戻ってしまいますね。
IEでちゃんと決済まで進めました。