Moon

  • CURRENT MOON
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

携帯・デジカメ

2012年10月27日 (土)

iPhone5

9月15日予約で27日入手 白64GB AU

SoftBankからのAUへのMNPです。


数日でiPhone4が過去の遺物と思えてしまうほどの進化を体感できました。
薄くて軽くて速い。
文字入力のもっさり感からも開放されMAP以外は良い感じです。

ちなみに一台目は見事に傷があったのでその場で交換してもらいました。

使っていて困ったことなど
最初はとにかく電池の消耗が激しい。
使っていなくてもガンガン減っていきます。
これは困ったぞということで原因を色々と調べた結果

・Safariを使わない
 Safariのバックグラウンドプログラムが悪さをしているらしい
 暴走しているとかで電池食いの原因と言われています。
 停止方法
 ホーム2度押しで起動中のアイコンを表示しSafariを削除
 ホーム+電源ボタン長押しで強制電源OFF

・電池の残量を正確に把握させる
 初期状態だと0%~100%の物差しが狂っているらしく
 実はちゃんと充電されないらしい。
 対策
 満充電から0%まで使いきってしばらく放置
 これで正確に0%と100%を把握してちゃんと充電してくれるらしい。

両方やったらたしかに電池の消費が抑えられるようになりました。
次に問題の切り分けの為にSafariを使い始めてみました。
使っている本体と使っていない本体で一晩の電池消耗量を比較。
共に数%と同じ減り方なのでSafariの悪さ説は??といったところでしょうか。
購入当初、一晩で10%以上減っていたのと比べると明らかに改善しています。

ということで、電池の残量把握が効いているというのが自分の結論ですが
単にバッテリーのエージングが終わって、消費が抑えられるようになったのかもしれませんw

ちなみによく言われるパケ詰まり的な現象もたまに発生します。
電波はしっかり掴んでいるのにどの通信系アプリでも
通信が途中から進まないといった現象に悩まされます。
そんな時はフライトモードオンオフで今のところなんとかなっていますが
どうもキャリアの問題ではなくiOSの問題のようなので
アプデでの対策に期待したいところですね。

ちなみにSoftBankとのAUの通信環境の違いですが
エリア
 会社内でも安定して入るようになった。
 通勤経路での一部圏外が解消された。
通信速度
 渋谷など都心でもSBよりはマシになった。(ちょっと遅いけどw)
 パケ詰まり以外では速度に不満は感じない。
Wi-Fi
 AUの方が外でWi-Fiをよく拾ってくれますが
 場所によってはアンテナ強度が強くても速度が遅いことがあり
 イライラの元になることがありますw

2012年8月10日 (金)

犬とプール

慣れると意外と楽しいようです。

Img_7660


こちらと比べると泳ぎは下手ですけどねw

Img_7693


2012年7月29日 (日)

Arca-swiss Z-1 + SQRC-Arca

購入先はB&Hです。
やはり、日本のはお値段が…

Photo2
TVC-34L + Z-1 + SQRC-Arca

Kirk BH-3 はドナドナしました。

ボール径が違うものなので比較するのも適当ではないかと思いますが
あえて比較してみました。

Z-1は100gほど重くなりますがそれだけの価値があると感じました。

最も違う点は操作感です。
無負荷状態での話ですがZ-1はロックフリー状態でも
適度な抵抗を持って扱う事ができます。
また、Z-1はロックダイヤルとフリクションコントロールが
一体型かつノブが大きいので負荷(カメラの重量)がかかっている時の
適度なフリクションを決めるのがとても簡単です。
例えるなら、Z-1は0~10まで10段階で調整でき
かつノブは大きく360度を10分割配分なので微調整がしやすいです。
BH-3は同じ10段階調整だとしても90度を10分割なので
フリクションコントロールノブは小さめなので微調整がシビアになります。
またBH-3だと、ロックとフリクションコントロールは別ノブなので操作が煩雑です。
さらに、そうやって調整した状態で動かすとZ-1のほうが動かしやすいと感じました。
ボール径が大きい影響なのでしょうか
フリクション具合が同じでも動かし易さに違いを感じました。

また、フレーミングのし易さも違います。
三脚座などで重心が調整されている時の話になりますが
Z-1のほうがロックさせた時にフレームがほとんど動きません。
さすがに完全にフリーの状態からロックさせるとそうはいきませんが
BH-3の時よりはある程度フリクションがかかった状態から
ロックさせた時のフレームの変化量が少なく扱いやすい印象です。
Z-1だとロックさせなくても動かないので安心なのですが
BH-3だと、カメラを簡単に動かせるフリクション状態だと
さらにロックさせないと動いてしまう心配があります。
Z-1だとその辺りのフリクションの微調整がしやすいのですが
BH-3はそこまで追い込んで微調整するのは一苦労です。
この辺りはボール径の違いが出ているといったところなのでしょうか。

と、Z-1は操作性は非常によいですが
相対的に大きいので、取り付ける三脚もそれなりに大きなものでないと
見た目のバランスが悪いですね。

SQRC-Arca
KirkのArca専用クランプです。
純正よりも約10g重たいですが、この程度なら誤差の範囲かと思われます。
ご存知の通りArca純正クランプは使い辛いのです。
2種類あるアルカ型クランプに両対応しているせいで
溝が2段になっており、目視確認しながらでないとカメラをセットできません。
また、固定ノブも小さくてちょっと回し辛いです。
そこで、Kirkのクランプです。
御存知の通りノブを回す回数が少なく済むので操作が楽です。
また、角部のRが大きくデザイン的にRRSよりもZ-1にしっくりきますw

自分のZ-1はクランプ固定ネジがM3工具で緩めることができたので
インチ工具に悩まされずに簡単に脱着できました。

Z-1といえば新型はWimberleyのSidekickを付けると首が取れるという
新型での不具合が2008年頃に取り沙汰されていましたが
今では対応済みとのことで、きっと大丈夫なのでしょう。
見た目は不具合が出た頃のものと区別がつかないので
何をどう改善したのか知りたいところですが…

2012年7月22日 (日)

Lens Support Pkg, dual Quick-Release

RRSのレンズサポートを購入しました。

Photo1_1

持っている望遠は70-200F2.8
これに取り付けてもエクステンダー程度
本当に必要だったのか?と
勢いで買ってしまった感は否めませんがw

重心調整という観点であれば
既存の三脚座+プレートでどうにかなる範囲なので不要です。

ノンダルポイントという観点であれば
これも既存の三脚+プレートでどうにかなる範囲なので不要です。
ちなみにMPR-CL IIのメモリで
70-200のノンダルポイントは4.7mm
16-35のノンダルポイントは4.1mm
でした。

ご存知の通りレンズサポートの最大の目的は
レンズのブレを抑えることです。
番外としてデジボーグなどの超長物の光軸歪みを補正する目的もありますがw

単焦点超望遠などの三脚座の脱着ができないタイプなら
それほどでも無いかもしれませんが
70-200のように三脚座が脱着可能なタイプだと接合部に遊びができてしまいます。
三脚座で固定した状態でもレンズをぐらつかせると
三脚は動かないのにレンズはグラグラと動いてしまいます。
そこで、レンズサポートの出番です。
これのお陰で1点支持だったレンズとカメラが2点支持になり安定度が増します。
三脚座起因のグラつきも全く無くなります。
近いうちに長時間露光やミラーショックのブレを検証してみたいところです。

もちろん、レンズサポートが無くても
レンズにある程度力を入れなければ動きませんので
長時間露光や強風などの悪条件でもない限りは影響は無いと思います。

2012年5月23日 (水)

金環日食

雲に阻まれながらもなんとか見ることができました。

Img_7206

Img_7196

拡大すればなんとか黒点も見えるので金星の日面通過も観察できそうです。
NDフィルターはND16ベースでND8を付けたり外したりといった感じで
用意したND400は使う機会がありませんでした。
ND1000000は買ってませんが、曇だと何も見えなかったでしょうねw

使用機材
EOS 7D
70-200 F2.8 IS II
エクステンダー III × 1.4

2012年4月10日 (火)


夕暮れ時


川に映る桜


夕日に映える桜

関東はそろそろ散り始めますね。

2012年4月 5日 (木)

ドロイド君 USB-ACアダプター ANDRU

iPhoneユーザーですが、こういった遊び心ある商品は大好きです。

皆さんご存知 Android のマスコットキャラクター ドロイド君がUSB-ACアダプターになりました。

中身はこんな感じです。

このサイズなら電源タップに並べて立てる事も可能です。
ただし、タップの並びが====ならいいのですが
ll ll ll ll だと腕同士が干渉してしまい並べられません。
抜け防止の斜めに入るタイプなら大丈夫そうですけどね。

通電待機中は目が白く(薄い水色)光ります。

充電中は目が青く光ります。

触った感じはすべすべした上質な質感で、安物感は全くありません。
サイズも程よく小さく、ディティールもしっかりしていてなかなか可愛いです。

角?部分は柔らかいゴムで出来ており、USBの脱着で折れる心配はありません。

USBポートのあるドロイド君の頭頂部がRになっていますが、普通のUSBもちゃんと刺さります。
逆にこれに付属しているUSBケーブルのコネクタを普通のUSBポートに挿すと
機能はしていますが、最後まで刺さらずに途中で止まってしまうので抜けやすいです。

購入について
購入自体は日本から日本発行のVISAカードでも購入可能です。
ただし、送付先はアメリカかカナダの二択しかありませんので
日本に送ることはできません。
送付元の住所は架空のものか、送付先と同一でOKです。
名前をカード名義と同じにして、電話番号も日本の携帯にして
自分のカードで決済しましたが、特に問題なく購入することが出来ました。

今回はアメリカから友人が遊びに来るということで
商品を友人宅に送っておいて、友人に持ってきてもらいました。

日本だと並行輸入業社からしか購入できませんが
価格もボッタクリではないので在庫があるのならお勧めです。

4/10追記
充電完了時の挙動
いくつかの機器を充電して気がついたのですが
iPhone
100%充電後も充電続行の青い目、iPhone待機画面も充電中

ドコモガラケー
100%充電完了後は待機中の白い目、ガラケーの充電ランプ消灯

エネループ KBC-L2A
100%充電完了後、一瞬だけ待機中の白い目になるが、また充電中の青い目
以下しばらく充電したら上記の繰り返し

と、エネループの充電だけは上手く完了してくれませんでした。

2012年3月21日 (水)

ホワイトデー

Img_6352

アレンジメントフラワーを買ってみた。

花瓶もいらないし、便利!


2012年3月16日 (金)

夕闇

Img_6362

夜になりきるちょっと前の綺麗なグラデーションを撮ろうとしたのですが

三脚が役に立たない程の強風でしたw

しかたが無いのでISO3200 で撮影しノイズリダクションをがっつりかけました。

もう少し早い時間なら木星と金星も入れられたのですが

そちら方面は既に夜になっていました…残念

2012年3月 6日 (火)

レリーズケーブル RS-80N3 使用感

無いと困ると言っていいほど頼りになるアイテムです。

使うまではタイマーでいいだろうとか大したことないだろうとか
そんな風に考えていた時期が俺にもありましたw

買った理由は花火撮影でバルブ撮影がしたかったからですが
皆既月食を撮影する時に有り難さを実感しました。
超望遠を持っていないのでファインダーに写る月が小さくAFが微妙な場合があります。
そこで、ライブビューの画像拡大を使ってMFピントの確認をするのですが
手で直接カメラを触るとブレるブレるw
手を離すと振動はすぐに収まるとはいえ気持ちのいいものではありません。
レリーズケーブルを使うとその心配が無くなるのは大きいですね。

レリーズケーブルのメリット
・タイマーは面倒臭い
ボタンを押してから2秒待つのがなんとも煩わしいのです。
それに花火などのバルブ撮影では、タイマーなんて使っていたら
撮影開始する頃には花火が消えていますし、露光時間も調整しづらいです。
黒いうちわを使えば露光時間はなんとかなりますが…
タイマーに頼らないので自分のテンポで撮影できるのも大きな利点です。

・姿勢が自由
どんな姿勢であれカメラに手をかけた状態というのは
リラックスした状態ではないので疲れてきます。
レリーズケーブルを使えば、ポケットに手を突っ込んでいても操作可能。
寒い冬場にはありがたいことです。

・バルブ撮影が自在
カメラ本体を揺らさずにシャッター操作ができます。
これはレリーズケーブル無しでは不可能です。
風景や星空撮影といったただの長時間露光ならタイマーでもいいのですけどね。

と長時間露光する人には必須アイテムです。

より以前の記事一覧