Moon

  • CURRENT MOON
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ペット

2012年8月10日 (金)

犬とプール

慣れると意外と楽しいようです。

Img_7660


こちらと比べると泳ぎは下手ですけどねw

Img_7693


2012年3月 1日 (木)

犬と散歩

Img_5374

散歩は別腹!

いくら室内で遊んで疲れていても散歩となると喜んでピョンピョン跳ねてます。

冬は朝が寒いせいか準備中の反応が微妙に悪くなっていますが(笑


散歩は一日二回 朝夜各一時間程度行ってます。

自分は朝当番、それは相方が滅法朝が苦手だからですが…

そして、自分の勤め先はサマータイム有り。

夏の朝は4時起きでした……

夏至の頃は4時半にはもう明るかったですが2月は真っ暗。

最近ようやく6時台でも明るくなって来ましたね。

それにしても犬達もちゃんと一緒に起きるのは凄いです。

まあ、昼間寝てるから余裕なんでしょうが、人間の行動パターンを覚える早さには驚かされますね。

彼らなりの散歩の合図というものがあるようで
・自分が起床してから概ね30分経過する。
・自分が散歩用のズボンを履く。
・自分がアミノ酸を飲む。
・相方が靴下を履く。
・相方が「さて」と言う。

逆に遊んでもらえないのも察するようで
・台所に行くと引き下がる。
・PC触ってると引き下がる。

と、ちゃんと空気を読んでくれて助かります。

とはいえ、さすがに旅行戻りの翌朝は疲れが残っているのか、いつまで経っても寝ています。
寒さ対策の服やリードを用意しても無反応w
服を着せようとすると軽く唸る始末ww

2012年2月25日 (土)

犬とベッド

Img_6084

犬用ベッドを新しく購入しました。

普段はアイリスオーヤマなどのお安い品の会回しで済ませていますが
今回はちょっと高い商品の在庫処分品を買ってみましたw

元値は1万円くらいの物が3000円でした。

やはりクッションや生地の出来が安物とは全く違いますね。
一度洗濯乾燥機にかけましたが、中の綿が全く偏っていませんし
柔らかさなども失っていません。

これでよほど長持ちするのであれば、定価で買うのもアリですね。

2012年2月15日 (水)

犬と玩具

Img_5547

ちゃんと二匹共好みがあります。

ヘチマ ◎
♀が食後に必ずクッションでゴロゴロしながらデザート変わりに囓ってます。

布製品 ◎
最も好きな部類ですが強度が無いのが残念ですね。
特に二匹で遊ぶのでものの数分で破壊されることがあります。
なので中の綿を食べられないように見張っていないといけません。
最近は破れたら裁縫して長く使うように心がけています。

ゴム製品 ○
鳴り物は好きなようですが、ちょっと硬いとあまり遊びません。
ただし、咥えられる程度の小ささならいいようです。

ボール ○
♂はサッカーボルなど自分の体より大きなものでも喜んで遊ぼうとします。
ただし、やはり咥えられる大きさでないと、すぐに飽きてしまいます。
♀は一回り体格が小さいこともあり上手く咥えられないのか
サイズが大きいとビビって遠巻きに見るだけであまり近寄りません。

ペットボトル ○
♂の大好きなアイテム。
ひたすら口の部分を噛んでいます。
蓋は二匹とも大好きなようです。
安上がりで助かります。

紙 ○
トイレットペーパーの芯やダンボールなど何でも噛んで破壊して楽しんでいます。
飽きられた玩具も芯に詰め込んでやれば、別の玩具として認識されるらしく
真新しい玩具の様に遊んでくれます。

基本的に噛んで破壊できるものが大好きなようです。

2012年2月 7日 (火)

ペットシーツ タフ

かれこれ購入してから半年経過しました。

結果として、現在も継続して使用中です。

60×40[cm]が4枚あり、ローテーションして使っています。

環境 体重5kg,6kgの犬2匹
概ね1.5~2日に一度取り替え。
汚れた物は手洗いして干して臭いが気にならないなら優先的に再利用。
そうでなければ、干してから一時保管。
週末にまとめて他の犬グッズと一緒に洗濯機で洗剤+漂白剤で洗濯。
休暇中など我々が終日一緒の時は、使い捨て品に切り替。

といった流れなので3枚が現役で1枚は新品状態の予備となっています。

既に20回以上再生させていますが、吸水力に劣化は見受けられません。
また、使い捨てと違って悪戯されないこともあり破損もありません。

メリット
使い捨てよりトータルで低コスト
留守中でも悪戯されない(当家比)
使い捨てお得パックよりは保管場所に困らない

デメリット
洗って干すのが面倒
使い捨てよりは脱臭しない
使い捨てよりは即時吸水性に劣るので端近くで尿をされると量によっては溢れ出る。
溢れはペットシートを枠にセットすれば回避できると思います。(我が家はケージ内直置き)

注意点
初回は洗ってから使うほうが、新品タオルと同様に吸水し易い。
洗濯機で乾燥までしてしまうと、毛玉が出来やすい&シワが出来て微妙に縮むので
面倒くさがらずに干したほうが長く使えそうな印象です。
干す時は竿に引っ掛けるだけだと、竿に接触している部分が乾きにくいので
洗濯ばさみなどで吊るして干したほうがよいです。

総括
洗って干して保管するのが面倒でなければ、コスト面から考えてもお勧めです。
悪戯されるかどうかはご自宅の犬と相談するしかありませんが…w

2012年2月 4日 (土)

犬と薬

Img_5713

もらえるものは何でも食べる。

が心情の我が家の犬達

今まで拒否した食べ物は生魚(マグロ)だけ。
匂いの時点では興味津々だったくせにw

錠剤も餌に混ぜると普通に食べます。
味によっては錠剤だけで食べてしまいます。

粉薬も餌にまぶせばペロリと食べてしまいます。

飼い主としては大助かりです。

特にビオフェルミンがお気に入りのようです。

2012年1月22日 (日)

犬とエチケット

なるべく散歩の時は軽装でいきたいのですが外での排泄もあるのでそうもいきません。
生き物を飼う以上は下の世話も覚悟しなければなりません。
犬の糞をそのままにしたり、回収した袋を放置したりと
とんでも飼い主が未だにいるのが残念でなりません。
どういった思考回路だとあのような行動をとれるのでしょうかね?

Img_4185

我が家は♂犬が、ギリギリまで家でしないので尿結石リスク低減の為にも
雨でも軽く外に散歩に出かけます。
なるべくマーキングに尿を活用したいという♂の習性なんでしょうか?
外が雨だと分かった途端に行くのを嫌がりますけどねw

ちなみに犬は2匹、5kgと6kgです。
散歩時の持ち物は皆さんどうしているのでしょうか。
我が家は以下の装備です。

●犬用スリングバッグ
 二匹を抱えてマンション共用部を移動する用
 散歩中は手の負担軽減の為に水ペットボトルを入れています。
オプション
・ショルダーパッド
 有ると無いとでは肩の負担が全く違います。
・前面に反射材
・後面にナイトアイズ マーカーバンド

●散歩バッグ
中身
・水1L
 尿を流す&緊急時の飲水
 一回の散歩で1.5~2Lを使います。(途中公園で補充)
・トイレットペーパー
 糞の回収用
 柔らかい糞でも対応できて便利です。
 2匹いるのでビニール袋で何回も直接取るのが難しいのです。
・ビニール袋
 糞の一時保管用
 予備も含めて数枚入れています。
・小銭入れ
 途中寄り道して買い物をする用
・ドッグラン登録証
 入れておかないと忘れてしまいますw
・LEDライト
 夜間の散歩時に糞尿の処理忘れが無いかをチェックする用
・餌
 万が一逃げ出した時の呼び戻し用
・カラビナ
 人間のトイレや店への立ち寄りの際にリードを固定する用
 リードを結ぶ手間が省けて便利です。
 また、ペット可の飲食店でも犬を固定する場所が無いことがあるので、そういった時にも便利です。
・ペットシーツ
 主に下痢便用

尿を流す行為に関しては「飼い主の自己満足」含め意見も様々でしょうが
自分は軽くでもいいので流すべきだと考えています。
電柱などの汚れの軽減はもちろんですが
希釈されることでの臭いの低減も期待できますし
標識や鉄柱類の尿に因る錆を防止できます。
概ね尿に対して5倍量程度を注いで、縁石まで流れるのを確認しています。

2012年1月19日 (木)

HUNTER ペットグッズ

ドイツのペットグッズメーカーで餌やリード、玩具を販売しています。

ドイツの国を挙げての犬に対する誠実さはよく知っていますので前から気になっていたメーカーでした。
ただし、少々お高いのが引っかかり購入したことはありません。

今までは安いリードや胴輪を使い、傷んだら短期間で新しいものへ切り替えていたのですが
正月セールで割引されていたこともあり、思い切って購入してみました。

購入したのは、
・ソフトナイロンのリード
・チョーカー一体型のリード
・胴輪

リード:ハンター ソフトナイロン パワーグリップ 3wayリード
サイズがSからLまであり犬のサイズによって選べます。
また、リードの内部にクッション性の高い素材が使われていて
持った時の感触が、とても優しいのが特徴です。
かといってペラペラな弱さは無く、しっかりとした印象です。
少々強い引きでも手が痛くありません。
このシリーズは金具の止め位置によって長さを調整できるのも特徴です。
たすき掛けにもできますが、流石に小型犬だと何かで延長しないとちょっと短いです…
また、マジックテープ類が張り付くので、その辺りは注意が必要です。

一体型:ハンター ナイロンロープ フリースタイル 首輪一体型リード
こちらはロープ状のリードです。
中小型犬用で、我が家の♀5kgに程よいサイズです。
金具の位置を変えることで、ただの首輪・ハーフチョーク・フルチョークが選べます。
こちらの素材も芯がしっかりしていますが、持った感じは柔らかく手に優しい印象です。
唯一の問題点は、多頭飼いでリードが絡んだ時の対処時です。
通常のリードと首輪であれば必ず360°回転する金具がどこかに入っているので
持ち手側をクルクル回せばリードの絡みも捻れもほぼ解消します。
しかし、このリードは回転する金具が無いので、絡みは解消しても捻れが残ります。
まあ、持ち手側も一度開放すればいいのですが、一手間増えるのは避けられません。

胴輪ハンターレンジャー プロフェッショナルハーネス
アーマードバルキリーのような男心を刺激するかっこ良さがありますw
XSが一番小さいのですが概ね6kg以上の犬であれば装着可能です。
通常の胴輪と違い、脇の下に接触する箇所が無いので引き癖のある犬でも脇の擦れがありません。
また犬との接触部分は全てソフトな仕上がりになっており、毛切れの心配も無く犬への配慮が感じられます。
そしてほぼ全面に反射材を採用しており、夜の散歩も安心です。
背中部分には取手も付いており、犬の動きを抑制する際に便利です。
また、犬用ダウンといった厚手の服の上からでも問題なく装着可能です。
唯一の欠点は、リードの接合部が犬の重心付近にあるため
通常の首辺りで引っ張るものと比べると、手に伝わる重みが以前より重く感じられます。
リードが同社製のものであれば手への食い込みといった負担は軽減されるので痛くはないのですが
引き癖のある犬だと、これまでよりは制動させるのに力が必要になります。

2012年1月16日 (月)

ドッグタグ 迷子札

万が一、犬が逃げたり、災害に見舞われて飼い主と逸れた時のことを考えて
我が家の犬には外出する際はドッグタグを付けています。

色々と可愛げなデザインの品も数多くありますが、ドッグタグの目的はただ一つ
いざという時に記入されている情報がちゃんと読み取れること。

つまり、壊れず、字がかすれずにしっかり識別できることが重用です。
頻繁に買い換えるなら取り付け金具の緩みさえ気にしていれば何でもいいと思いますけどね。
最近は革製もあるようですし、選択肢が多いのはとても良いことです。
火災や水難に際しては革製では目的を果たせないでしょうが…

選択肢の1つ目は素材。
一般的にドッグタグといえば金属製です。
そして選ぶ時に誰しも一番気にするのは金属の錆でしょう。
一般に流通している金属において錆びない金属は存在しません。
ステンレスでも環境次第で錆びます。
「錆びない」のではなくあくまでも「錆びにくい」だけです。
若しくは、鍍金や表面処理が施してあるだけです。
そして鍍金や表面処理はいずれ剥がれてしまいます。

真鍮は錆びないとよく言われていますが、錆びます。
あくまでも錆といって連想される鉄がボロボロになる錆のようにならないというだけで
錆により表面の光沢感が失われたり、青錆などが発生する可能性があります。
この辺りは経時劣化を風合いとして楽しめるなら気にしなくていいでしょう。

次にデザイン。
これはいくらでもありますから、気に入った物に出会えるかどうかは運次第。
金属加工できるなら自作してもいいでしょう。

最後にフォント。
これは意外と制約が多いので、選択肢が少ないことがほとんどです。
字の刻印方法やフォントによって印象が随分変わるので、選択肢は多いほうがいいんですが…

と、あれこれ考えた末にたどり着いたのが「チタン」
軽量・ステンレスより錆に強い・硬い
と価格意外は素晴らしい特性の金属です。
長期間安定して使えるので価格はペイできると考えました。
そして、独特の金属音が心地よいです。

さてチタンの取り扱いをしている店は色々ありますが、自分が選んだのは
KzNETさん
ここの最大の特徴はフォントの制約がほぼ無しということ。(要相談)
手書き文字だろうが、フリーフォントだろうが、ほぼ何でも刻印してくれます。
配置や文字サイズも加工できる範囲であれば自由です。
手書きの絵等も加工の制約をクリアできれば刻印できます。
基本は切削による文字の刻印ですがレーザー刻印にも対応しています。

なので、文字もタグのデザインとして楽しむ事ができます。
自由過ぎるのでデザインを考えたり、フォントを探してくるのは面倒ですけどねw

使い始めて約1年経過しましたが、変形や文字のかすれ、錆、大きな傷は全くありません。
表面に小さな傷はありますが、文字の形状に変化もなく問題になるレベルではありません。
若干本体の縁部分が丸みを帯びてきていますが、これくらいであれば気にしません。

写真には写っていませんが、写真右の側面は犬が地面の臭いを嗅いだりすると地面に接触します。
その部分だけ表面状態が他の面よりも若干荒い感じになっています。
これは首輪への取り付け位置を調整すれば回避できます。
思ったよりは柔らかいかな?という印象はありますがw

写真は新品との比較
上が新品、下が1年使用した品です。

裏面
Img_5469

表面
Img_5471


2011年12月31日 (土)

ドッグラン納め

今年最後のドッグランに行ってきました。

サモエドに果敢に挑みつつも
Img_4983

おちょくられたり
Img_5022

イタグレと疾走したり
Img_4990

チワワにちょっかい出したら
Img_5115

三倍返しを喰らったり
Img_5120

とても楽しそうに過ごしておりました。

ちなみに♀は相変わらず及び腰
Img_5085

かといって他の犬が嫌いというわけではなく
Img_5194

興味はあるのですが、なかなか丁度いい遊び方をしてくれる犬が少ないようです。

より以前の記事一覧