Moon

  • CURRENT MOON
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月29日 (日)

Arca-swiss Z-1 + SQRC-Arca

購入先はB&Hです。
やはり、日本のはお値段が…

Photo2
TVC-34L + Z-1 + SQRC-Arca

Kirk BH-3 はドナドナしました。

ボール径が違うものなので比較するのも適当ではないかと思いますが
あえて比較してみました。

Z-1は100gほど重くなりますがそれだけの価値があると感じました。

最も違う点は操作感です。
無負荷状態での話ですがZ-1はロックフリー状態でも
適度な抵抗を持って扱う事ができます。
また、Z-1はロックダイヤルとフリクションコントロールが
一体型かつノブが大きいので負荷(カメラの重量)がかかっている時の
適度なフリクションを決めるのがとても簡単です。
例えるなら、Z-1は0~10まで10段階で調整でき
かつノブは大きく360度を10分割配分なので微調整がしやすいです。
BH-3は同じ10段階調整だとしても90度を10分割なので
フリクションコントロールノブは小さめなので微調整がシビアになります。
またBH-3だと、ロックとフリクションコントロールは別ノブなので操作が煩雑です。
さらに、そうやって調整した状態で動かすとZ-1のほうが動かしやすいと感じました。
ボール径が大きい影響なのでしょうか
フリクション具合が同じでも動かし易さに違いを感じました。

また、フレーミングのし易さも違います。
三脚座などで重心が調整されている時の話になりますが
Z-1のほうがロックさせた時にフレームがほとんど動きません。
さすがに完全にフリーの状態からロックさせるとそうはいきませんが
BH-3の時よりはある程度フリクションがかかった状態から
ロックさせた時のフレームの変化量が少なく扱いやすい印象です。
Z-1だとロックさせなくても動かないので安心なのですが
BH-3だと、カメラを簡単に動かせるフリクション状態だと
さらにロックさせないと動いてしまう心配があります。
Z-1だとその辺りのフリクションの微調整がしやすいのですが
BH-3はそこまで追い込んで微調整するのは一苦労です。
この辺りはボール径の違いが出ているといったところなのでしょうか。

と、Z-1は操作性は非常によいですが
相対的に大きいので、取り付ける三脚もそれなりに大きなものでないと
見た目のバランスが悪いですね。

SQRC-Arca
KirkのArca専用クランプです。
純正よりも約10g重たいですが、この程度なら誤差の範囲かと思われます。
ご存知の通りArca純正クランプは使い辛いのです。
2種類あるアルカ型クランプに両対応しているせいで
溝が2段になっており、目視確認しながらでないとカメラをセットできません。
また、固定ノブも小さくてちょっと回し辛いです。
そこで、Kirkのクランプです。
御存知の通りノブを回す回数が少なく済むので操作が楽です。
また、角部のRが大きくデザイン的にRRSよりもZ-1にしっくりきますw

自分のZ-1はクランプ固定ネジがM3工具で緩めることができたので
インチ工具に悩まされずに簡単に脱着できました。

Z-1といえば新型はWimberleyのSidekickを付けると首が取れるという
新型での不具合が2008年頃に取り沙汰されていましたが
今では対応済みとのことで、きっと大丈夫なのでしょう。
見た目は不具合が出た頃のものと区別がつかないので
何をどう改善したのか知りたいところですが…

2012年7月22日 (日)

Lens Support Pkg, dual Quick-Release

RRSのレンズサポートを購入しました。

Photo1_1

持っている望遠は70-200F2.8
これに取り付けてもエクステンダー程度
本当に必要だったのか?と
勢いで買ってしまった感は否めませんがw

重心調整という観点であれば
既存の三脚座+プレートでどうにかなる範囲なので不要です。

ノンダルポイントという観点であれば
これも既存の三脚+プレートでどうにかなる範囲なので不要です。
ちなみにMPR-CL IIのメモリで
70-200のノンダルポイントは4.7mm
16-35のノンダルポイントは4.1mm
でした。

ご存知の通りレンズサポートの最大の目的は
レンズのブレを抑えることです。
番外としてデジボーグなどの超長物の光軸歪みを補正する目的もありますがw

単焦点超望遠などの三脚座の脱着ができないタイプなら
それほどでも無いかもしれませんが
70-200のように三脚座が脱着可能なタイプだと接合部に遊びができてしまいます。
三脚座で固定した状態でもレンズをぐらつかせると
三脚は動かないのにレンズはグラグラと動いてしまいます。
そこで、レンズサポートの出番です。
これのお陰で1点支持だったレンズとカメラが2点支持になり安定度が増します。
三脚座起因のグラつきも全く無くなります。
近いうちに長時間露光やミラーショックのブレを検証してみたいところです。

もちろん、レンズサポートが無くても
レンズにある程度力を入れなければ動きませんので
長時間露光や強風などの悪条件でもない限りは影響は無いと思います。

2012年7月11日 (水)

Fuel Band Data検証

使い始めてほぼ1ヶ月が経過し、日々のデータがある程度蓄積されてきました。
そうなると気になってくるのが、データの傾向です。
というわけで、グラフで検証してみましたw

Nikefuel

結果
NikeFuelとカロリー
歩数と距離
が比例関係にあり
加速度センサーの情報を元に各々の計算式で計算結果を算出しているようです。
加速度の程度によって、どういった活動状況なのかを推測しているようで面白いですね。

詳細

まずは総計
NFがNikeFuel値なのですが、当然ながら他の数値と何らかの規則性があるようです。

次に横軸をNFにして検証してみます。
Cal(カロリー)はNFと完全に比例関係にあることがわかります。
ですので、NFに一定の係数をかけてCalを算出しているようです。
恐らく、身長体重の情報を元にしていると思われます。
また、Steps(歩数)とDistance(距離)はNFと関連性はありますが
ある程度バラつきを持っているので別の計算式を元にしていると考えられます。
そして、歩数と距離は同じ傾向があるように見受けられます。

次に横軸をSteps縦軸をDistance(距離)にしてみます。
DistanceとStepsは比例関係にあることがわかります。
この結果から、距離は歩数から算出されていることがわかります。
また、値が直線上に並んでいることから
PCやiPhoneとリンクさせると距離計算に影響があるという情報は間違いだろうと考えられます。
もしくは、リンクさせて影響があるのは歩数なのかもしれません。
面倒なので検証はしませんがw

ちなみにガラケーの万歩計と比較も行いましたが
FuelBandの値は概ね2割増しの傾向があります。
歩いていない時でも手の動きをカウントしているので
普通の万歩計よりも値が大きくなるのは当然の結果でしょう。
FuelBandの万歩計機能はあくまでも全運動量からの概算で
これくらい歩いたことになりますよという意味になるかと思います。

正確な歩数が知りたいのであれば、別途万歩計を買うことをお勧めします。

2012年7月 6日 (金)

NIKE FUELBAND 設定など

初期設定の流れ
早速PCで指定されているサイトにアクセスして初期設定。

PCで専用ソフトをDLして

身長体重、製品を装着する腕を指定。

最初のゴール値を3項目から指定。

アカウントの取得。
FBかTWのものが使えるので手間が少なくて助かります。

そして専用ソフトが自動起動してツアーが始まります。

英語圏のみの販売のわりには、専用ソフトは
ちゃんとした日本語表記で対応してくれます。
句読点の高さが変ですけどねw
他に日本で販売されているNIKE+アイテムがあるからなのか
秋ごろの発売を見越してのことなのか…

プロフィールなどは専用ソフトとウェブと
それぞれ変更できる範囲が異なりますのでちょっと面倒です。
Band本体に格納される情報は専用ソフトで
それ以外はウェブで変更するといった印象です。
ちなみに住所については現状アメリカ一択となっています。

またiPhoneアプリからも一部の設定を変更することが可能です。
BTで同期させると、NIKEFUEL値を更新することも可能です。
※ちなみにこれをするにはBluetoothで同期させる必要があるのですが
 本品のBT機能は電波法で認可されていないので日本で使ってはイケマセン。
 フライトモードにできるので、日本ではBT機能はOFFしておきましょう。
 若しくは、秋発売予定?の日本発売品を入手しましょう。
なので、同期はPCとUSB接続するしかありませんけどね。

充電はPCにUSB接続するのが通常のやりかたですが
USB-ACアダプターに挿しても充電可能です。(自己責任)
そして、充電中は一切の操作を受け付けません。
ちなみに、電池切れ間近だと操作した時に空の電池が表示され警告してくれます。

オチ
どうも初期設定で不具合があったようで
リンクが完了せずログが残ってくれない不具合に見舞われました。
サポートに確認して「ファクトリーリセット」を試せと言われ
それでなんとか正常に戻りました。
ここ2日のデーターは無くなりましたけどねww
この状態になると、専用ソフトでBand本体の設定変更ができなくなります。
この場合、ネット接続させていないPCにBand本体をつなげると
専用ソフトが使えるようになり、ファクトリーリセットが可能になります。
また、Band本体のボタンを押しながらPCに接続すると
Band本体のファームウェアを再度入れなおす事ができます。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »