Moon

  • CURRENT MOON
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ペットシーツ タフ | トップページ | 犬と玩具 »

2012年2月10日 (金)

CP+ 2012

行ってきました。
どこのブースもかなり盛況でしたが
Canonとnikonの比較。
ハンズオン
nikonは昼前で60分待ち
canonは15分待ち程度
1DXとD4の試写ブース
1DX 5分待ち
D4 30分待ち

看板機の実機販売が近いnikonのほうが人が多いような印象でした。
Canon始めSONY、SIGMA辺りは中二階で望遠を試せるブースがありましたが
Nikonには見当たりませんでした。
新発売が無いからでしょうかね?

★1DX 所感★
■RAW連写
とにかく速いの一言です。
ミラーの戻りも速いのでファインダーが暗転する時間がほとんど感じられず
被写体追従するのも連続性が損なわれること無く撮影に専念できそうです。
exifチェックまではしてませんが、24-70IIで試した感じだと絞っても連写速度の低下は感じられません。
F8程度までしか試してませんけど…
135Lで試したところ絞ると連射速度が低下します。
新しいレンズなら連写への心配はなさそうですね。
ただし、61点AFだとAFポイントに悩むことがあるらしく連写速度がバラつきます。
これは7Dでも発生しますが、7Dのそれよりは断然速いですけどね。

バッファフルによる書き込み律速は体感で5秒頃から発生します。
一度書き込みが滞ると、それ以降は1/2秒書き込み、1/2秒撮影の繰り返しになります。
再び5秒程度待てば、また5秒程度の連続撮影が可能になります。
待ち時間が短いと連続撮影できる時間もそれなりにしか回復しません。

また、ミラーショックがかなり軽減されています。
7Dのそれに近い印象でしょうか、5DIIの重厚感を想定していたので
良い意味で裏切られた感じです。

■高感度撮影
ISO12800で撮影されたプロの作品(A4サイズ)が展示してありました。
撮影された方の話でもISO10000から徐々に高感度かどうかが分かるようになるとのことでした。
作品をISO100の作品と比較すると解像感の違いは分かりますが
ISO12800単体で見れば、それがそんな高感度設定の作品だとは分からないと思います。
実機でISO51200を試した感じでは、かなりノイジーで、7DのISO12800相当程度の印象でした。

■AF
設定は確認していませんがEF600で試した感じだと
歩く人を追従させてもピントがどこかに行くこともなく
7Dよりも食いつきがよく、安定した動体追従ができる印象です。

操作系は7Dと5DIIしか使ったことのない自分にも
それなりに使えたので、使いやすいってことなんでしょう。
電子水準器も搭載されているし、そんなに重く感じないし
7Dと比較するのは失礼な話でしょうが
買えるものなら即買いしたいところですねw

★レンズ所感★
■EF24-70mm F2.8L II USM
Img_5775
1DXで試すことができました。
かなり軽く感じられます。
AFも速い割に振動と音がほとんどせず、かなり静粛性が高く作られています。
ムービーでの使用も考慮して開発したとのことでした。
銅鏡部はテレ端で4cm程度伸びますが、
下に向けた時に自重で垂れ下がることはありませんでした。
ロックスイッチはちょっと小さめで扱いにくですが
ワイド端でロックさせておけば運搬の際には安心できそうです。
フィルターの現物はありませんでしたが、写真で見るかぎりでは
レンズ周りに付いて銅鏡と一緒に動くようです。
その為、フードそのものは小さく、全体としてもコンパクトに仕上がった印象となっています。
フッ素コートはボディー側のレンズにも施されており
手荒に扱うプロにも喜ばれているようです。
画質はかなり改善されており
逆光耐性、周辺の解像、色のり、色収差、周辺減光
この辺りはセミナーの作例比較で確認できました。
個人的にはインナーズームにしてほしかったところですがw

■EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×
Img_5780

Img_5782
ハンズオンコーナーの脇にひっそりと飾られていました。w
5DIIが取り付けられていて、手に取ることができます。
エクステンダー内蔵は思ったよりも便利に感じられました。
まだ開発機とのことですが試した感じだと
AFはちょっと遅いし食いつきが悪いですね。
1.4×を効かせると更に遅くなります。
※あくまでも開発段階でAF速度のチューニングはまだとの談でした。
今後に期待ですね。
ズームリングとフォーカスリングが逆に付いているので慣れが必要でしょうね。

■EF400mm F2.8L IS II USM
体験コーナーで旧型と並んで手持ち体験ができます。
新型ならば男性なら手持ち撮影ができる重さに仕上がっています。
それにかなりAFが早くなっていますね。
ISの効きもよく1/160程度のSSでもブレを抑えてくれます。
旧型は持ちましたが、とても撮影の為に保持してられませんでしたw

他にもカメラバッグや三脚などカメラを持っている人なら
目に毒な展示会間違い無しですw
ちなみに自分はCanonユーザーなので長時間並ぶのが面倒でD4は触ってません。

« ペットシーツ タフ | トップページ | 犬と玩具 »

デジイチ」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562179/53949152

この記事へのトラックバック一覧です: CP+ 2012:

« ペットシーツ タフ | トップページ | 犬と玩具 »