Moon

  • CURRENT MOON
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 三脚 TVC-34L + HUSKY専用グリップ HTG-360 | トップページ | カメラと利き目 »

2012年1月29日 (日)

自由雲台 Kirk BH-3

BH-3は中型自由雲台で耐荷重6.75kgです。

これにEF 70-200 f2.8L IS USM + 7D + B7D-L で約2.5kg

上記セットを載せて使っていますが、この雲台でも充分に扱えます。
直上直下も狙えるので星や月なども思いのままに狙うことができます。
バリアングル液晶が無いとアングル的には辛いものがありますがw

使用感

自由雲台だからしょうが無いかもしれませんが、テレ端では構図を微調するには慣れが必要です。
フリクションコントロールをかなり効かせておけば、ロックを開閉させてもブレませんが
構図調整の際の動きがかなり硬くなるので微調し辛い感は否めません。

軽くフリクションを効かせておけば、いい感じで一脚のような自由度と
カメラがいきなりお辞儀するのを防げるので
動体追従のサポートとして利用するのにはとても重宝します。
この状態でロックさせると決めたと思った構図よりは多少お辞儀してしまいますけどね。

ちなみにこれはカメラボディで固定した時の話。
三脚座で固定しているなら、もう少し軽いフリクションでもカメラがお辞儀することはありません。
こちらのほうが前後の重量バランスが取れているので動体追従する際は使いやすいと思います。
ただし、やはりフリクションが弱めだとロックした際にフレームが上に若干ですが動きます。

見た目ですがTVC-34LやGitzoの3型程度の雲台座に載せると
雲台が小さく脚が太いので見た目はアンバランスになります。
とはいえ、雲台座の面が雲台の操作を邪魔するようなことはありません。

というわけで、天体や動体の撮影ならお勧めです。
風景撮影にも使えますが、やはり風景専門なら3WAYのほうがいいんでしょうね。

« 三脚 TVC-34L + HUSKY専用グリップ HTG-360 | トップページ | カメラと利き目 »

kirkphoto」カテゴリの記事

デジイチ」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562179/53851685

この記事へのトラックバック一覧です: 自由雲台 Kirk BH-3:

« 三脚 TVC-34L + HUSKY専用グリップ HTG-360 | トップページ | カメラと利き目 »