Moon

  • CURRENT MOON
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 三脚について考える。 | トップページ | ショルダーパッド »

2011年11月26日 (土)

PARKER Ingenuity 3 (パーカー インジェニュイティ)

某所でたまに話題になっているIngenuity(以降Pa)と書き味が同じと言われているペン

サクラクレパス「ピグマ」(以降Sa)

気になるので入手して書き比べてみました。
今回は0.5mmを購入しましたがPaと芯径で近いのは0.4mmかな。

結果
■書き味
似てますがちょっと違います。
Paの方が滑りが軽く、手に伝わる振動もソフトです。
Saは滑りは同じ様に軽いのですが、手に伝わる振動がハードです。

Paはサラサラ書ける
Saはカリカリ書ける
といった表現が近いのかなぁ
Paは芯先がしなる構造なのが差として出ている印象です。

■筆圧
どちらも同じ程度の軽い筆圧で字が書けます。
ただし、筆圧の強弱を表現できるのはPaです。

Photo1_

Sa(赤)はPa(黒)と同じように書いても概ね同じ太さの線になりますが
Paは筆圧の強弱をある程度表現してくれます。
また、Paはペンの重さそのもので紙のバタつきを抑えてくれて書きやすい印象を受けます。

と、ちゃんと違いはありますが
片や2万円、片や200円

うーん、書きやすいし、手に取った時の重さも心地よいし
持っていて嬉しいので自分は満足していますが
万人にお勧めできるかと言われると判断が難しいところです。

書き味・デザイン・ブランド
この辺りにどれだけ魅力を感じるかですね。

強いて言えば、もう少し他の色のリフィルを増やすといった差別化をしてほしいところかな。

« 三脚について考える。 | トップページ | ショルダーパッド »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562179/53334710

この記事へのトラックバック一覧です: PARKER Ingenuity 3 (パーカー インジェニュイティ):

« 三脚について考える。 | トップページ | ショルダーパッド »