Moon

  • CURRENT MOON
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

レリーズケーブル RS-80N3 と B7D-L

花火用にレリーズケーブルを購入してみました。

機能はシャッターとボタンロック機能のみのシンプルな構造です。

程よい大きさで持ちやすくよくまとめられていると思います。

唯一残念なのは、その価格。

これで4500円近くするのはちょっとなぁ…

2~3000円が妥当な価格帯といった印象です。

さて、問題なのは掲題のRRS B7D-L との相性。

予想通り定位置だと写真のように

Img_1006

クランプされる台形部分にコネクタがかぶってしまい縦撮り固定に使えません。
まあ、レリーズケーブルを避けた位置でも固定できますが
ちょっと重心が三脚中心から外れるのが考えどころです。

しかしちゃんとその分スライドできるようにできているので

Img_1007

B7D-Lをスライドして固定してしまえば問題ありません。

ちゃんとスライドさせた時用のセンターラインも刻印されているので安心です。

その点Kirk BL-7D なら最初からレリーズケーブルまで考えて肉厚に作ってあるんですけどね。

ただし、その分B7D-Lよりも12g重いのとストラップ穴が一つ少ないのが欠点ですかね。

装着時の横幅もBL-7D のほうが出っ張りますが、それはレリーズケーブルを避けるために
B7D-Lをスライドさせれば同じですからね。

2011年9月29日 (木)

犬と嗅覚

犬の視力は低いけど動体視力には秀でている。

犬の嗅覚はとても鋭い。

というのは知っていたので、てっきり嗅覚メインで活動しているのかと思いました。

Img_2322

しかし、共に生活をして観察しているとどうも視覚メインで活動しているようです。

むしろ嗅覚は本当に凄いのか?と疑いたくなる点もあるくらいです。

例:ボール遊び
同じような場所に投げても、落下点が見えないと
走って落下方向に向かっているのにあっさりにロストします。
落下点の広さはせいぜい1m四方しかないので嗅覚で充分に捉えられるはずなんですけど
見当違いの場所ばかり探して、諦めて帰ってきますw

例:夜遅くの帰宅
部屋が暗い状態だと、唸ったり吠えたりします。
ご主人の臭いよりも黒くて怪しい物体が動いているという認識のようで…

ただ食べ物に関して嗅覚が鋭いのは確かですw


2011年9月27日 (火)

Really Right Stuff での海外通販 2

三脚+備品をポチッと発注してしまいました。
・TVC-34L 三脚
・WPF-QR フラッシュブラケット
・TQB-80 三脚鞄
あとは脚のオプション
WPF-QR は友達の結婚式で~などと一時の感情に任せてポチッと…
スピードライトを先に買えって話ですがw

し か し 、肝心の三脚は Temporary sold out

1ヶ月ほど様子を見ていたのですがステータスが変わる気配がないので
発注できるうちにしてしまえ! という流れになりました。

雲台セットだとsold out 表示は無いんで優先的に買えるかな~とも考えましたが
三脚以外のセット品も同じく何の表示も無いので関係なさそうです。

どのみちセットは… Kirk BH-3 もあるし、さすがにちょっと。

あとはデザイン的にアルカスイス等の黒尽くめのほうが好きなんですよ。

オクに流すのも面倒&忍びないし…


これまでの流れ

9/9 夜発注 現地は既に金曜夜
オーダー確認の自動メール以降アクションなし。
もともと確認の自動メールにも、商品が揃うまで発送しないよ。
webの在庫状況表示も完璧ではないので、気になるなら確認の連絡してね!
と書いてあります。
どのみち現地の金曜日は祝日なので、タイミングが悪いって話ですが…

ステータスでは9/10に受注されていて支払いはまだ。
どうやら商品が揃ってから決済されるようです。
通常の対応ですが、為替がからむのでさっさと支払いだけ済ませてほしい気もします。

9/23:現地 9/23 早朝
2週間動きが無いのでさすがにメールしてみることにしました。
発送までどれくらいかかるのか、バックオーダーどれくらいあるの?と質問メール

9/23深夜:現地 9/23 朝
マークさんから返信
大変申し訳ないが、発送はたぶん来月中くらいです。厳しいバックオーダーを抱えています。
の旨の丁寧な返信

土浦花火には間に合わないのでミニ三脚で頑張るかな。
座って見るので高さは低くてもいいのだけれど、ファインダー見るのが面倒なんですよね。

そういえば
前回がどうだか覚えていないのですがChromeだと決済ボタンを押しても
決済されずに前画面に戻ってしまいますね。
IEでちゃんと決済まで進めました。

2011年9月25日 (日)

犬と大きな公園


Img_2741
他の犬との遭遇率が格段に上がるのを知っているのか、いつもより足取りが軽い犬達です。


Img_2704
ロックオン


Img_2710
遊んで~


Img_2714
しつこすぎて怒られ


Img_2717
服従w


Img_2695
なんだかんだと楽しそうで何よりです。

2011年9月23日 (金)

台風一過

電車も立ち往生して当日も大変でした。

Img_2699

近所の公園に行ってきましたがなかなか凄いことになってますね~

Img_2729

Img_2731

Img_2740

茸が群生しているあたりに秋を感じてみたり。

Img_2757


2011年9月20日 (火)

犬と餌

犬にとって餌は最重要項目らしく

普段は飼い主が帰ってくると愛想をふりまくのに、食事中は見向きもしませんw

我が家は相方の拘りから、俗に言う高級?餌を選択しています。

安い餌は質の悪い食品をベースにしているという話も聞きますし

将来の病気に対する予防になれば安いもの?

とはいえ基本的にはドライフードオンリーです。

子犬の頃はそれをふやけさせて食べやすくしていました。

そして、アレルギー物質の蓄積を懸念して一定のサイクルで他の餌に変更しつつ

二種類の餌を混ぜて使うこともあります。

といってもロータスの味違いとイノーバエボだけですが。

それにしても、イノーバエボは凄いですね。

目に見えてウンチが小さくなり、臭いも軽減されます。

さすがに写真UPは控えますが、普段中指指程度の太さが小指程度まで細くなり、一日の全体量が半分程度になります。

ウンチの量が少なくなるのは穀物不使用で犬が消化吸収し難いものがあまり入っていないからだとか。

単価を下げる為に13kg袋を買っているので中身が減るまで保管場所に苦労しますけどね…

2011年9月19日 (月)

電子水平器と丸型水平器のズレ

血液型がA型でゴメンナサイ。

気になることはとことん気になります。

EOS 7D には前後左右の傾きを表示できる電子水平器機能が搭載されています。

液晶画面でもファインダーでも表示できるのでとても重宝しています。

しかし、クイックシュー付属の水平器の水平とズレます…

Img_0986

左右はそうでもないですが、前後方向で約2°
1°以内なら許容ですがこれはちょっと見逃せないズレ量です。
2°だと10m先で35cmのズレですね。

冷静に考えれば、左右がほぼ水平で前後がズレている程度なら撮影するには充分じゃ?
という気もしますが、水平器を使っておきながら1°以上もズレるなんて
水平出しした三脚の意味がないのでありえなーいというのが本当のところ。

これは調べなくては!

手元にある水平器は
・iPhone アプリ電子式 0.1°単位で数値表示可能
・Krik BH-3 丸型水平管 Φ8mm
・RRS PLC-1 丸型水平管 Φ10mm
・RRS MPR-CL-II 丸型水平管 Φ15mm
・EOS 7D 内蔵電子式
校正品が無い時点でアレですが、iPhoneアプリの数値を利用して傾向を把握してみます。

手法
床に個々のアイテムを平置きし、それらの上面の水平度をiPhoneアプリを使って数値化します。
床の水平はXY方向共に-0.1°なので欠陥住宅ではないようです。
また、手持ちの水平器が校正の取れたものではないので、別の方法でも確認します。
レンズ中心と同じ高さの、遠方にある被写体を観察して前後方向のズレを確認します。

結果
7D内蔵の電子水平器が前後方向でズレているようです。
RRS B7D-L(Lプレート)をはじめ上述の機器そのものの水平精度は
床の数値から差し引き0.2°以内なので問題ありません。
カメラ以外を組み上げた状態でも水平精度は0.2°以内なので問題はありません。
7D底面とB7D-Lとの接触面もガタつきなくピッタリと付いているので問題ないと判断しました。
左右方向はピッタリ水平が出ているので手持ち撮影でそこまで困ることはないですが
今度サービスセンターに調整依頼しますかね~

詳細
・7D以外の個々の機器
 平坦度が0.2°以内 問題なし
Img_0993
 丸型水平管も気泡が丸標線径内に収まっているのできちんと機能していると考えます。
・7D内蔵電子式水平器
 7Dそのままだとゴム足が邪魔してぐらつくので B7D-Lを取り付けて確認。
 表示で前後方向に2目盛俯角側にズレている。

このままだと、7Dの底面と内蔵水平器が水平ではない可能性が消し去れないので
前述の被写体観察を行います。
条件
丸型水平管で水平の状態 = 7Dでは前後方向にズレている表示。
被写体は壁に貼り付けた定規。
観察結果
縦横共にファインダー中心点から2m先で5mm程度のズレしかありません。
最初に測った2°のズレが本当なら2m先で70mmはズレる計算になります。

次に7Dで水平出しをした状態で被写体を観察します。
観察結果
ファインダー中心から2m先で約60mmズレます。
いくら定規の設置高さに誤差があったとしても60mmはズレるわけがありません。

これらから、丸型水平管とiPhoneアプリは正しく7D内蔵水平器がズレている
と判断しました。

まあファインダーの中心が正しいのか?とかアプリの数値が正しいのか?とか
疑わしい点は多いですが、出処の違う丸型水平管が3つ同じ傾向を示しているので
そちらのほうが正しいと判断してもいいだろうと考えます。


2011年9月18日 (日)

DIGIC5

ついに搭載機が発表されましたね~

まだラインナップはコンデジのみですが、
これは5DMarkⅢ等の新一眼レフに期待している人も多いでしょうね。

自分は5D後継機よりも同時発表されるかもしれないレンズに期待しています。

EF24-70mm F2.8L USM

これのⅡ型がでないかな~ とw

比較的新しい設計のF4Lも焦点距離が幅広くていいのですが(持ってませんが…)

室内でも多様することを考えるとやはりF2.8は魅力的です。

2011年9月17日 (土)

犬と雨

雨の日はさすがに散歩には行きません。

不幸にも雨に降られるといちいちプルプルするので可愛いですけどね。

そんな時は室内で遊んであげます。

しかし、やはり短時間でも外で散歩をする方が満足度が違うようです。

あとは、外で大小をしたいようで室内だと比較的我慢する傾向にあります。

なのでちょっとでも雨が止めばなるべく外に連れて行くように努めています。

そこで今後の雨の傾向を判断するのに役立つのがXバンドMPレーダ雨量情報です。

今までの雨雲レーダーだと5分毎の更新、霧雨レベルは表示なしだったので
大丈夫だと思って外にいてもも雨に降られることがありました。
Amesh

しかし、Xバンドは通常の雨雲レーダーとは違い1分毎の更新
ドットもきめ細やかかつ霧雨レベルでもある程度表示するので傾向予測がしやすいです。
Xband
同時間帯のレーダー映像です。
Xバンド(下)の方が細かな表示であることが判ると思います。

PCなら拡大表示で市町村単位の表示もできます。
拡大表示はできませんがiPhoneでも利用できます。
なので、不意に外で雨が降り始めたらその場でサイトを確認し
強い雨がきそうなら建物か木陰に避難して雨をやり過ごすことができます。

霧雨レベルならそのまま歩くのもいいですし、
どの程度で雨の本体が通過するかも読みやすいですから
慌てて雨の中を走ってずぶ濡れにならなくてもいいですし
やり過ごすために予定を変えるといったアイデアも出せます。

最終判断で濡れるかどうかはその人の性格次第のような気もしますがw


このサイト残念ながらまだ試験運用中なので一部地域でしか利用できません。

また、レーダー網が緻密ではないので広範囲で100mmレベルの大雨が降っていると
レーダー設置場所>大雨 の延長線上にレーダー波が届かずブラックアウトしてしまう場合があります。

2011年9月16日 (金)

HOPE ホープ カメラストラップ

純正だとどうにも首が痛くなるのと
散歩中の犬の世話等でしゃがむ時に邪魔なので
他のストラップを購入してみました。

選択基準
・動きまわる時にブラブラしない。
・しゃがんでも落ちてこない。
・操作が煩わしくない。

候補に挙がったのが
・HOPE
・ブラックラピッド
・Ninja

どれも体に密着させて固定できかつ、簡単に撮影姿勢に移れるストラップです。

最終的に
・HOPE
に決定。

他の気になった点
・ブラックラピッド
 立って歩きまわるだけならいいのですが、しゃがむと前にずり落ちてくるようです。
 あとは三脚用の穴に専用留め具で固定するのですが、緩んで落とす事例や
 留め具が金属なのでカメラが傷だらけになってくる事例が多く見受けられました。
 緩み防止は方法が紹介されていましたが、傷はなぁ…
・Ninja
 よく操作するベルト伸縮操作部分にベルトを脱着する部品が隣接しているので
 誤ってそちらを操作するとカメラが落下するらしい。

HOPEはこの辺りをうまく回避して作られています。

慣れはほとんど必要ない感じで紹介動画的な機敏な使い方ができます。
肩への食い込みもそれ程ではありません。
ただベルトの滑りが良いので背中に固定している時に前屈みにしゃがむと
前に滑ってきそうになるのでショルダーパッドを付けて多少の抵抗をつけています。

ストラップの取り付け穴はカメラボディ既設の二箇所か
他のストラップアイテムを付けてボディ底に付けるかです。
自分はRRSのB7D-Lにストラップを取り付けています。

ボディ既設の穴だと、体に液晶モニターや操作系が密着するので
誤操作や汗がちょっと心配です。
あとは体に固定した時にレンズが他人に向くので嫌がられることもあるかも?

ボディ底の穴だとレンズフードとボディ底が体に密着します。
これだと体に固定している時に画像の確認もできるので意外と便利です。

追記 2012/07/22
久々に取り外そうとして気がついたのですが
カメラのストラップホールに接する場所が切れかけていました。
Photo1

主な使用機材は
70-200f2.8+7D 総重量約2.5kgです。
持ち出しの回数は月に数回なのでちょっと耐久性が残念な結果ですね。
特徴的なのはベルト操作する側が切れかけていて反対側は無傷だったこと。
フリーでぶら下げている時に操作側が上になり
重量の大半がかかっていたのが片側のみの劣化につながったようです。

追記 2012/09/12
切れた原因が分かりました。
RRS B7D-L のストラップホールに問題があったようです。
他のストラップを使い始めたら1回使っただけで切れ始めたので気が付けました。
ストラップが切れかけた側のホール部分の仕上げが甘く鋭利な角が残っており
細い紐や輪ゴムをゴリゴリするとあっさり切れる程でしたww
そういう点で、1年近く耐えてくれたHOPEストラップの強度は素晴らしいものだと思われます。


2011年9月15日 (木)

犬と酒

基本的にあげるものではありません。

友人宅での酒の席で稀にビールの泡を一二舐めさせる程度です。

Img_2651

とはいえ泡の苦味が好きなようですw

Img_2642

2011年9月14日 (水)

犬とデザート

基本的に人間の食べ物は塩分過多なので犬にはあげません。

Img_2359

とはいえ、一部果物とプレーンヨーグルトは少量あげることがあります。

やはり普段の餌よりも美味しいのか一度味を知ると

それ以降、我々がそれらを食べている時にクレクレうるさくなりますが…


2011年9月13日 (火)

中秋の名月

癒されますね~

Img_2684
EF70-200mm F4L IS USM トリミング

雲も少なく月の出から楽しめました♪

Img_2669

EF70-200mm F4L IS USM

2011年9月12日 (月)

犬と犬

運がよい事に我が家の犬達は基本的に人と犬が大好きです。

複数飼っている賜物でしょうか?

Img_2396

犬を発見する度に近づいていこうとするのはアレですが、ドッグランも楽しそうでなによりです。

しかし、他の犬との交流が始まってからの二匹の態度が違って面白いです。


他の犬に怒られても気にせずに遊びに誘う犬スキー
たまに吠えてまで遊びに誘うのが困りもの…


挨拶はちゃんとするのですが、他の犬があまり勢い良く近寄ってくると
人に助けを求めるかすぐに服従の姿勢をします。
かといって、犬が嫌いなわけではないようで、再び自ら他の犬に近寄って行きます。
稀にちゃんと遊びますが、稀…ですね


2011年9月10日 (土)

犬と灯り

我家の犬達は黒いです。
親は白と茶なのですが…

なので夜の散歩で街灯の無いところは闇夜のカラス状態です。

残念なことに無灯火自転車がまだまだ多い世の中ですので自己防衛するしかありません。

最初はリードに反射材紐が編みこんであるものを使っていましたが
何度も洗濯しているうちに効果が無くなって来ました。

ということで犬用にナイトアイズのキーホルダー型LEDライトを買ってみました。

マルチカラーということで
数秒毎に色が変わり7色に光るモードが選べます。
もう一つは赤色の点滅モードです。
輝度的には7色モードの青系のほうが明るいですが
点滅も目立つので遠目にはどちらも充分に効果を発揮しています。

問題点?
仕様に明記されてないのでしかたがないですが、電池の消耗が激しいです。
厳密に計測はしてませんが、もって20hというところですかね。
そして電池がCR2016というボタン電池を2枚も使うのでランニングコストが嵩みます。
まあ普通に店頭で電池を買えば、の話です。
ネットでなら単価50円程度で買えますから、なんとか安く済ませることができています。

注意点
デモモードのまま店頭に置かれている品もあります。
このままだと何秒か経過すると勝手にOFFになります。
これを知らずに品物に文句をつけている人もたまにwebで見かけます。
解除方法(何秒間か長押し)は英語ですが取説に書いてあるのでちゃんと読みましょう。
最近は日本語注釈つきのもあるようです。

飼い主にもカバンに高輝度リフレクターキーホルダーを付けて目立つように注意しています。

ちょっと光っているだけでも車や自転車に発見されるまでの時間が短くなりますからね~

2011年9月 9日 (金)

犬と胴輪

犬と胴輪

リーダーウォークはやっているのですがそれでも♂犬は何か見つけると引っ張ることが多いです。

これまではハーフチョークでしたが、たまに咽るんですよね。

そこで胴輪にしてみました。

買ったのはポンポリースのコレ

約3ヶ月使っての感想

基本的にはお値頃で使いやすいので気に入っています。
サイズ毎にちゃんと金具のサイズや紐類の太さも替えてありちゃんと考えて作ってある感じです。

しかし、値段相応なのか金具と擦れるところは軽く傷んできています。
ただ、縫い目のほつれ、金具の破損などは無いので作りはしっかりしていると思われます。

蚊が寄ってこないとの謳い文句ですが、無防備な部分が多すぎて全く効果はありません。

問題点
♀のも一緒に替えてみましたが、肌が弱いのか背中の金属が接触する部分の毛が抜けてしまいました。

ハーフチョークに戻したら、また毛が生えてきたので一安心。

2011年9月 8日 (木)

犬とテレビ

我が家の犬達はテレビを見て吠えます。

Img_0952

人間以外の動く生き物を見るととにかく吠えます。

四つん這いの人間や怪しい動きをする人間にも吠えますw

♀のほうは自然映像などにも吠えます。

叱っても止めないので本能なのでしょうか。

自分が近くにいると頑張って吠えるのを耐えて唸ってますが微笑ましいですが

テレビの音が聞きづらいのがなんとも…

2011年9月 5日 (月)

TVC-34L 三脚 考察

これが現在の最有力候補です。

TVC-34L

全高:177.8cm
・センターポールはオプション
・脚を完全に伸ばさないので水平出しが面倒
 >自由雲台なので水平出しは特に問題ない。
 >雲台に追加するパンニング用のベースもあるのでパノラマ撮影にも対応できる
 >脚を縮めて利用できるというのは安定性の面ではプラス要素
 >レベリング台をオプションで追加可能
 >全長が短い脚はそれ以上伸ばせない、傾斜地で役に立つ

格納高 62.2cm
・普通のカバンにはほぼ入らない。
・持ち運び用に新たに専用カバン等が必要。
・雲台を付けるとOver70cm
 >三脚を利用しての撮影は車・電車・徒歩での移動が前提なので専用カバンで問題ない
 >旅行カバンには対角で入れるか雲台を外して入れる

自重 2.1kg
・単体でOver2kg+雲台で3kg近いが大丈夫なのか?
 >前回の旅行での機材重量はカバンも含めて約6kg、これにプラス2kg程度なのでなんとかなる。
  今のカバンだとメッセンジャーと新規購入三脚バッグになるけれど
  ザックタイプ+三脚バッグで肩への負担を軽減したほうがいいのかな?

脚径 37cm
・オーバースペック?
 >GITZO5型よりはコンパクトに仕上がってるし、安定するならありかな。

評判
国内では購入事例は見つけられませんでした。
海外のフォーラムやブログを見てると評判は良いようです。
発売されて日が浅いですが、カーボンの編み方以外はGITZOのイイトコどり的な構造なので心配さげ。
一部の部品には互換性もあるようです。
発売直後に脚角度オフセットのストッパーバネ辺りに不具合があったようです。
ただし、既に対策済みで現在出回っているものは問題ないようです。

2011年9月 4日 (日)

犬と臭い

どんなに愛犬が可愛かろうが臭うものは臭います。

Img_1219

幸いにして我が家の犬達はそんなに脂ギッシュではないので

レトリバーほどは臭いませんが、それでもシャンプーから半月も経てばそれなりです。

自分では感じませんが家にも臭いが付いているかもしれません。

あとは糞尿の保管場所も臭います。

我が家は外に置けない環境なのでトイレのフタ付きゴミ箱に保管しています。

ニオイ対策として、カーテンに光触媒系のスプレーを使ったり

プラズマクラスターも使っています。

プラズマクラスターは効果絶大ですね。

居間とトイレに設置していますが、設置後臭いがかなり減少しました。

仕事が終わって帰ってきた時の臭いがまるで違います。

トイレは特に改善しました、設置前は窓を開放していないといけませんでしたが
設置後は窓を閉じていても問題ありません。

プラズマクラスター系はフィルター掃除を細目にしないと
イオン発生器の寿命が短くなってしまうので管理は面倒ですけど手放せないアイテムですね。

居間にはこれ

トイレにはこれ


2011年9月 3日 (土)

犬と地震

3.11の時は自分は埼玉で6弱を体験。

犬達は都内自宅でしたがUSTを起動させていなかったので慌てていたのかは分かりません。

とはいえあの日以降、何度か犬と共に大きな余震を経験しましたが

かなり大きな余震の時に周囲を伺う様子を見せた程度で

体感できる程度の小さな余震は気にしていないようです。

それよりも、近くを通る緊急車両のサイレンや右翼の街宣車の音の方が気になるようです。

Img_1043_2

さて、自分が学生の頃から関東での大きな地震が~

と言われて久しいのですが、そろそろなんですかね?

もしもの事を考えて防災グッズも用意してあります。
とはいえ水と食料はグッズ袋には入れていません。
主に防寒や暗闇、怪我対策ですね。
食料は普段食べているシリアルやお茶類を持ち出せばいいやと考えています。

犬達の為に餌とペットシートは常に1袋予備を絶やさないようにしているので
後は一緒に避難できる避難所があればいいのですが…
どうしようもない時は実家に一時預かりをお願いしてあるのでとりあえずは安心かな。

オススメの防災グッズを一つ紹介しようと思います。

それはパナソニックのホーム保安灯です。

これは壁のコンセントに差し込んで使うLED照明です。

何が防災かというと
・停電時に自動点灯
・電池内蔵で懐中電灯にもなる
・設定で付近が暗いと自動点灯も可能

といった特徴があり、地震や台風等で不意に停電した時に効果を発揮します。
枕元に懐中電灯を置いておいても自動では光りませんからね。

あとは廊下や寝室等に設置しておくと、暗い時に足元を照らしてくれるので
夜中にトイレに行く時などいちいち照明を点けなくてもいいので隣で寝ている人を起こす心配も軽減されます。

なんといってもLEDなので電気代や球切れを気にしなくていいのも助かります。

裏技として上下逆さに設置すると壁と天井を照らしてくれるので
足元を照らすよりも効率的に付近を明るくできます。
普通に使うよりも広範囲が照らされるので暗闇に慣れた眼には明るすぎるかもしれませんが…

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »