Moon

  • CURRENT MOON
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

三脚 検討中

旅行でミニ三脚だけだと色々と物足りなさを感じてきてしまいました。

今回の旅先だけの話かもしれませんが、そうはいってもここで三脚があればなぁ

というシーンが何度もあると物欲がムクムクと…

最初は旅行用に小型軽量を最優先と考えてwebを彷徨っていましたが

分かったことは
・三脚は一つで全てを賄うことはできないので用途に応じて揃える。
・カーボンが全てではないが確かに軽いものが多い。
・センターポールを最大長にしての撮影は安定しないので控える。
・脚の太さは意外と重要。
・あまり重いと使わなくなる。

それを踏まえて
撮影対象は朝日や夜景などの暗いシーン、あとは飛行機くらい。
とりあえず手すりの高さはクリアできてくれないと困るかなぁ
アイレベル 自分の身長から考えると、三脚の高さは150cm前後かそれ以上
機材の最大望遠はAPS-C+200mmなので320mm となると脚径は30mm以上
長距離旅行でトランクに入れることを考えると格納長は最大65cmまで
手持ちのバッグに入れるなら50cm以内

重さをどう捉えるかが一番悩むところです。
GT3541LS(1.8kg) を持った印章ではそんなに重たくない。
これに雲台がプラスされると2.5kg程度

2Lペットボトルだと意外と重たく感じるのに1.8kgだと大したこと無いというのは不思議です。
200gが効いているのか重量バランスなどなどが関係しているのでしょうか。
もう少し色々吟味してみたいと思います。

候補

商品名 全高 格納高 自重 脚径
GT-3451LS 146cm 55cm 1.7kg 32mm
TVC-24L 170cm 59cm 1.7kg 33mm
TVC-34L 177.8cm 62.2cm 2.1kg 37mm

2011年8月29日 (月)

犬と海

初めての海

Img_2578

二匹とも波が怖いようですが、クラゲには興味があるようです。

Img_2568

それよりも相方…引っ張りすぎだよ。

Img_2556

2011年8月28日 (日)

犬と航空機

夏休みということで旅行に行ってきました。

犬にとっては難関といわれる航空機移動。

キャリーも用意して、自分から入るまでに慣らしておいたので準備は万端。

チェックインで預ける。
特に騒ぐこともなくGAさんがキャリーをネットで包む。
到着先で専用口から出てきてネットを取り外される。

これを往復こなしたのですが
特に別れを惜しんで吠えるでもなく、
再開を喜んではしゃぐでもなく。

粗相もなく何事も無かったように出てきました。
すぐに水をあげましたがほとんど飲まなかったので
見えないところでも大人しくしていたと推測されます。
諸々の心配は稀有に終わったようでなによりです(゚ー゚)

しかし、空港施設はペットと飼い主には過ごし辛い場所ですね~
人間だけならラウンジで時間まで酒飲んでノンビリ過ごせますが…

羽田空港
屋上も含め一般客&ペットに開放されている施設はありません。
付属のペットホテルのドッグランも宿泊犬専用です。
なのでバス停のある通路程度しか犬を外に出す場所がありません。
車利用なら早めに家を出て途中の公園で遊ばせるのがいいのかもしれません。

あと注意するのはペットは貨物と一緒で施設から航空機まで地上を搬送されます。
特にこの時期の路面はかなり熱をもっているので
利用する時間を早朝か夕方以降に限定したほうがいいかもしれませんね。

ちなみにANAでの諸経費ですが
預けるキャリー一つにつき5000円です。
キャリー一つに犬を二匹入れていても金額は変わりません。
ただし、ある程度大きなキャリーを預ける時は貨物スペースの兼ね合いがあるので
事前に電話をして搭載可能かを確認しておく必要があります。
キャリーは無料で借りることも出来ますが数に限りがあるので
事前に予約しておかないと在庫が無いということもあるようです。

また電話で確認する時に説明されますが
個人持ち込みのキャリーは強度が不足していると判断された場合使用できません。
一般的に航空機搭載可とされているキャリーでもお断りされる場合がある旨の説明を受けます。
これは、会社としての責任回避として当然の説明でしょう。
実際のところ、アイリスオーヤマの持ち込み品で問題なく受け取ってもらえました。

2011年8月27日 (土)

Kirk

R0012943

自由雲台BH-3

アルカ型クイックシューのメーカーではそこそこ有名ではないでしょうか。

R0012945
左:Kirk BH-3 右:Velbon QHD-51

R0012944_2

汎用のカメラプレートが一緒に入ってました。

コンデジに使うにはちと大きいですが、長玉の脚や予備機に付けられそうです。

両方持ってませんけどね…


BH-3の使用感

マットなアルマイト?見た目は高級感がありとてもよい作りです。
ボール固定ネジの付け根に付いているテフロンリングはプラプラしていてちょっと残念です。
説明書が文字だけのA4一枚ってのもアレですが、使い方は難しくないので問題ないかな。

ボール固定ネジ
そこまで力を入れなくてもしっかりロックしてくれます。
1/4回転もさせればフリーとロックの切り替えが簡単にできます。
ロックしてもクイックシューについている水準器の水平はぶれません。
V社のQHD-51と比べるのも失礼ですが、それよりも力を入れずに使え
締め込む時に力が入りすぎて三脚がぐらつくことはありません。

フリクションコントロールネジ
ボールのロックを解除してもカメラがお辞儀をしないように適度に抵抗を与えられます。
ただし、3周半程度回し代はあるのですが
フリクションをコントロールできる範囲は最後の1/4周の範囲しかありません。
ちゃんと機能しているのでいいのですが、なんだかなーという感は否めません。
カメラを載せた状態でお辞儀しない強さとなると
更に狭い調整範囲に限定されて微調整を要求されます。
一度調整するとそんなに回す場所でもないのでいいんですけどね。

パンニングネジ
パンニング部のロックに使うのですが
無くてもいいくらいパンニング部分が固めです。
もう少し使っていれば馴染んでくるのかもしれません。

R0012947

写真にもあるように手持ちのミニ三脚に取り付けてみました。

少々頭でっかちですが、大丈夫だ問題ない。

フチコマみたいで可愛く見えますw

しかし、ここで問題が発生。

アッパーコラムネジ凸1/4、雲台ネジ穴凹3/8

これは把握していたので変換を用意していたのですが

ほんの一山程度なのですが1/4ネジが長がいんです…

1mm程度を残してネジ穴の奥にネジがぶつかってしまい締め込みが出来ません…

三脚メーカーに問い合わせてみましたが

「アッパーコラムネジの長さは共通の規格が決まっていないので、
 他社製品では合わないものも…」

ということです。

雲台のカメラ固定ネジは世界規格が決まってるんですけどね。


この問題を解決する為に

3mm厚のPET板の余りがあったのでそれをスペーサー変わりにしてみました。

PET板
適度な硬さを持ちながらカッターナイフでも簡単に切れるので
ちょっとした加工アイテムを作るのにはアクリル板よりも便利です。

2011年8月23日 (火)

Really Right Stuff 機材レビュー

他の人のブログで見かけるのは袋に入って送られてくるものばかりですが

R0012929

荷物の量が多かったからか?ちゃんと段ボールに入って届きました。

個別の商品はそれぞれ厚手のビニールでしっかり梱包されています。

しかし、パーツが意外と大きい。

思っていたものよりも一回りは大きい印章です。

カメラに組み付けると相対的にそうでもなくなるのですが

単体での印章はかなり大き目ですね。

各パーツの感想
全てのパーツ共通ですが高級感があり、所有欲を満足させてくれます(・∀・)

R0012940

PCL-1(写真下)
スウェット素材の収納ポーチが付属しています。
これはパノラマ撮影用のパンニングアイテムです。
回転動作はガタつきも無くとてもスムース
かといって手を離して勝手に動くようなこともありません。
ロックネジの締め込みトルクもそれ程必要でなく、手にやさしい。
ただKirkよりは多めに回す必要があるので頻繁に脱着する時は煩わしく感じるかも?

細かな問題点
パンニング部を動かしていると
隙間のグリースが微妙に漏れでてくるので時々拭きとる必要があります。
そんなにドバドバ出てくるわけではないですが、日本人には少し気になるレベルかなぁ。
使っていくうちに収まるのかな?

MPR-CL II(写真上)
カメラのノーダルポイントを調整する為のアイテムです。
お辞儀対策?として雲台に対してカメラの重心を調整することもできます。
剛性もしっかりしており、歪む心配は無いですね。
滑り落ち防止用のネジも裏側に付けられているので安心ですね。

--------------
R0012930

R0012931

R0012938

B7D-L
7D専用に設計されているL型プレートです。
クイックシューと併用することで、縦横の切替が簡単にできます。
しかも、雲台の角度を再調整する必要もないのですぐに撮影に移れます。
レンズ中心の位置も分かるようにレーザーマーキングがされています。
何よりも大きいのが雲台とのガタつき問題から開放されるところですかね。
カメラ底面側にもストラップ穴があり、様々なストラップパターンが選択できるのも便利です。
側面のレリーズやUSBポートの蓋、底面のバッテリー蓋もそのまま開閉可能です。
物によっては縦撮りの時にレリーズケーブルと干渉することがあるようですが
レリーズケーブルを持っていないので未確認です。

細かな問題
R0012936
写真のように最初から塗装に剥がれが…
傷でもないし使っていれば剥がれる角部なので気にしない事にしています。
またKirkと違って滑り落ち防止のネジ穴が無いのでクイックシューの緩みには注意が必要です。
緩みよりは締め忘れのほうが心配かもしれません。

予備のネジや工具
特に買わなくても、各々ネジが入っている商品には工具が付属しています。
予備のネジは将来的にネジがダメになった時に入手しづらいのを懸念して購入しました。
工具は、間違えて余計に購入してしまいました…
そんなに高額ではないので気にしない(ノд・。)

2011年8月22日 (月)

Really Right Stuff での海外通販

先日届きました。

R0012928

・カメラ専用のLプレート
・PCL-1とMPR-CL-IIのセット
・その他工具や予備のネジ

運送会社はUSPS 国際郵便ですね。

8月15日昼発注(日本時間)

8月20日午前中に受け取り
税金は1400円でした。

こちらも早いですね。

USPSもWeb上で貨物状況を追跡できて便利です。

Photo

便利なことに日本の郵便局からも追跡できます。

通関に少々時間がかかってるような気はしますが、

こちらは日本に入ってからも情報更新が早いので、変にヤキモキしなくていいですね。

とはいえ、USPSは配達が遅いという悪評も耳に入ってくるので

荷物サイズと運次第というところでしょうか。

B&Hでの海外通販

先日受け取りました。

R0012942

・Kirk BH-3

運送会社はUPS

8月15日夜発注(日本時間)

8月19日日中に不在連絡票、20日受け取り。
持ってきたのはヤマト運輸。

税金は500円でした。

早いですね~

一番安い配送で依頼しましたが運送上も特に問題なく無事に受け取りました。

登録住所の一部を「TOKKYO」とミスタイプしてしまいましたが、何の問題もなく( ー`дー´)キリッ

UPSはスマートフォンやPCからWeb上で貨物状況を追跡できて便利です。

Ups

アメリカでは詳細に意外と早く情報が更新されますが日本に来ると途端に更新が遅くなるのが残念なところです。

特に成田の関税通過後は日本の運送会社に委託されてしまい家に届くまで情報が更新されません。

不在持ち帰りの情報も翌日の更新で、既に貨物は手元にあるというオチ。


もう一点これはヤマトのシステムの問題なのでしょうが

不在連絡票の番号でWebから再配達依頼をしようとしても

「宅配済み」と出てしまい登録できません。

クロネコメンバーズでも荷物のお届けメールも来ません。

Kuroneko

ステータスもいつもの「持ち帰り」等のステータスは無く「通関完了」のみ。

まあ電話で直接担当ドライバーさんに連絡して持ってきてもらいましたが…

海外からの買い物なので運送事故等の余計な心配をしてしまいヤキモキしますがそこは気長に待つしかないですね。

通関や中継基地で何日も動きがないようなら問い合わせたほうがいいのでしょうが。(英語)

格安配送料で大物の貨物だと載せるコンテナの都合で後回しや遠回りといった時間的ロスもあるようです。

2011年8月21日 (日)

海外通販健忘録

たまにしか使わないので毎回住所の書き方を忘れがちです。

というわけで健忘録

氏名:日本 花子(仮名)
住所:東京都千代田区永田町1丁目7番1号 1301号室
電話番号:03-1234-5678

・Firstname:Hanako
・Lastname:Nihon
・Address
 1-7-1-#1301,Nagata-tyou,Chiyoda-ku,Tokyo,JAPAN
・TEL:+813-1234-5678

支払い方法

一昔前だと海外送金等という面倒な方法しか使えませんでしたが

最近は便利なものでクレジットカードが使えます。

ただし、さすがに海外通販サイトでJCBが使えるところは稀です。

VISA、MASTER このどちらかなら、まず問題なく使えます。

とはいえ、個人情報流出でカードが悪用されたなんて話もちらほら耳に入る今日この頃。

それが心配ならPayPalなどが使えるサイトに限定するのが得策かも。

クレジットカード利用なら海外通販専用に一枚作れば安心できるかもしれませんね。

2011年8月20日 (土)

B&HとReally Right Stuff で海外通販してみました。

数ヶ月前に人生初のデジイチ(EOS 7D)を手に入れてから財布が緩みっぱなしです。

これまではコンデジで旅先で風景を撮るだけだったので
ttp://www.velbon.com/jp/catalog/ultra/ultramaximini.html

この小型三脚で事足りていたのですが

さすがに7D + ズームレンズ + カメラグリップ だと

ぐらつくし、縦撮りも不可能です。

カメラグリップを外せばもう少し安定するのですが

いちいち外すのは面倒ェ

なのでかっちり固定できて、かつ脱着も楽な製品を探してみました。

そして見つけたのが

Kirk、RRS、ARCA SWISS に代表されるアルカ型クイックシュー

これなら脱着もすぐに出来てカメラグリップを付けっぱなしでもぐらつかない!

さてRRS以外は日本でも買えますが…高い。


そして今は空前の独歩円高。

たとえば ARCA SWISS Z-1

日本なら67200円

これがアメリカだと$367(80円換算でも29360円)

送料や税金を考慮しても半額近い価格!

これは海外で買うしかない!

ということで火曜日にあれこれ発注してみました。

届くのが楽しみです。

トップページ | 2011年9月 »